FC2ブログ

久しぶりに「クレヨンしんちゃん」を見て思ったこと。

「クレヨンしんちゃん」を見た。

20数年ぶりぐらい久しぶりに見たと思う。

俺が小中学生の時に、夢中になって見ていたアニメだ。

それが、20年以上の時を経て、まだ現役で続いている。

これは結構凄いことではないだろうか?

久しぶりに見てびっくりしたのが、オープニングアニメがなくなっていることだ。
主題歌はエンディングだけに流れて、専用アニメもない。

アニメの内容についても、随分中身が変わったように感じる。

具体的に書けないが、俺が見ていた頃にあったようなブラックユーモアがなくなってしまったように感じる。

確かに、よく見ていくと「クレヨンしんちゃん」しているのではあるが、昔あったような独特の空気感が薄れてしまった気がする。

そりゃ、作者が既に随分前に亡くなって、オリジナルスタッフが作っているのだから作風が変わるのは当然なのだろうが、俺は少しさびしい気分になった。

ちなみに、しんちゃんの声優が変わったのは知っていたが、普通に見ているぶんにはあまり違和感がなかったと思う。

良く聞いていくと、例えば長台詞なんかを喋っているときなどは、「あ...違う」と言った感触を持つのだが、通常の掛け合い程度なら、ほぼ違和感がなかった。

久しぶりに「クレヨンしんちゃん」を見て、俺は少し懐かしい気持ちになったものだった。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR