FC2ブログ

【レビュー】バイナリードメイン

【ゲーム概要】
2080年の東京を舞台に、ロボットを相手に戦う銃で撃ち合うタイプのTPS。
セガの龍が如くの制作スタジオが作っているゲーム。凝った銃撃戦と、ロボットの挙動は注目すべき点。

【購入金額】
180円

【プレイ時間】
約10時間

【自分の好きレベル5段階】
レベル2 ★★☆☆☆
3にしようか相当迷ったのだが、かろうじて2にした。悪くないゲームなのだが...。

【新規に買うとしたら、妥当と思う価格】
500円
投げ売りされているから実際はこれより安いかと思うが、これぐらいが妥当かと。

【面白かったと感じたところ】
TPSとしての基本が出来ているので、銃の撃ち合いがちゃんと楽しめる。
敵がロボットなのだが、撃ち抜くと派手にぶっ飛ぶし、足を破壊すれば挙動がちゃんと変わるしで、そこら辺のリアリティがしっかりしている。
難易度もボスを除けば手頃で、サクサクと進めていけるのが良い。

【これは変えて欲しいと思ったところ】
ボス戦が難しい感じがした。
TPSなのに、アクションゲームみたいにひょいひょいと旋回して避けなきゃいけない作りなのは単純にストレス。
適切にカバーアクションを行えば、相手をいなせるような作りにしてくれればよかったと思う。
ストーリーがイマイチ。ネタバレになるので伏せるのだが、いくらSFと言ってもちょっと説明のつけ難い展開になっていて、強引である。
AIが敵味方ともにちょっとお間抜けな部分がある。
マイクを使った音声認識のコミュニケーションは本当に必要だったのか?個人的にはいらなかったような気がする(だから一切使ってないのであるが)。

【個人の徒然感想】
どこ行っても投げ売りされているゲームで、あまり期待しないでやってみたのだが、これが大間違い。
本家の洋ゲーと比べるとやはり劣る部分はあるものの、気にならないほどTPSの基本がしっかりしているので、それほどストレスを貯めずに楽しめる。
致命的な難点はあるのだが、どこ行っても数百円で買えてしまうゲームとは思えないほど、グラフィックなど様々な部分のクオリティがしっかりとしていてよく出来ていた。
でも、定価で買ってたら、高評価は与えず怒っていたかもしれないので、評価の難しいゲーム。
ちなみに、龍が如くスタジオが作っているが、龍が如く的な面白さを期待するのはお門違いである。
続編を出せれば、化けたかもしれないゲーム。いろいろな意味で惜しい。けど面白い。そんなゲーム。
まあ、他に良質なFPS,TPSは洋ゲーを中心にたくさん出ているので、あえてこれを選ぶ意味はないのだが、機会があったらぜひという程度のもの。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR