FC2ブログ

RPGツクールMVでどういったゲームを作るかずっと考えている。

RPGツクールMVを使ってRPGを作る上で、どういったゲームを作るべきか悩んでいる。

俺はこれまでずっと、いわゆる普通のRPGばかり作ることを考えてきた。
普通のRPGというのは、皆さんがご想像なされる通りの、ストーリーがあって、ダンジョンがあって、最後のボスがいて、というものだ。

しかし、RPGツクールMVでは、ローグ形式だったり、ハクスラ形式のRPGを作ることも可能だ。
俺は、この可能性を今まで見てこなかった。

俺が作りたいRPGってなんだ?

やっぱり、コンシューマー路線の、王道極まるRPGではないかと思っている。

だが、このままではまた駄作を作ってしまいかねない。

なにか別の方向性から製作に入らないとダメなのではないだろうか?

しかし、今の俺には”それ”が思いつかない。

そこで考える。

RPGってなんだ?

まずはそこを分解整理して、「どうやれば面白くなれるのか...」をしっかり理解しなければならないのだろう。

RPGはマップを探索して、その合間に敵が出て、敵を倒すことでプレイヤーが成長し強くなり、最終的にラストボスを倒す

この構造で成り立っている。

プレイヤーが面白くあるためには、マップの構造が面白くなきゃいけないし、ゲームをプレイさせるための動機付けであるストーリーが面白くあるべきだと思う。

これらは必ずしも、というわけではないが、俺はなるべく外したくないと考えている要素だ。

一度、俺には練習が必要ではないかと思う。

例えば、こんなRPGを練習台にするのはどうだろう。

ウィザードリィや世界樹の迷宮の2Dダンジョン版の探索ダンジョンRPG。

もっというと、桃太郎伝説外伝の夜叉姫伝説みたいなもの。
(この例で、「アア、アレか!!」とはならないだろうが、他に例を思いつかない)

町を拠点にして、ダンジョンを徐々に徐々に探索して、ダンジョンの全踏破を目指すというものだ。

仲間は3人。

なぜなら、経験則上、4人より3人のほうが、個々のキャラがより引き立つからだ。
ドラクエ2みたいに、完全な剣士、回復役、魔法使いと分ける。
魔法使いは、複数の敵に強いという考え方にして、きちんと存在意義をもたせる必要がある。

次に、ゲームのスケールを考える。
初代のウィザードリィは、地下5階でクリアだが、フロア数をいくつにすればよいのか。

作るか作らないかはわからないが、練習台としてはもってこいではないだろうか。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR