FC2ブログ

【レビュー】スターオーシャン3(※無印版)

【ゲーム概要】
エニックスとトライエースによる、人気RPGシリーズ、「スターオーシャン」の第3作目。
大迫力のリアルタイムアクションバトルと、様々なアイテムを作り出せるアイテムクリエイションシステムが特徴の、大作ロールプレイングゲーム。

【購入金額】
約7000円
発売日に、新品購入したもの。

【プレイ時間】
約46時間
クリア済み。

【自分の好きレベル5段階】
レベル2 ★★☆☆☆
大作RPGらしくよく出来ているんだが、細かい不満点も多く、星で言うと残念ながら3以下といったところ。

【新規に買うとしたら、妥当と思う価格】
500円

【面白かったと感じたところ】
やはり、シリーズの核でもあり、売りともなっている、リアルタイムアクションバトルが面白い。
大攻撃、小攻撃の2種類に分けられた攻撃、それに加えてプロテクトというアクションによって、3すくみが上手に表現されており、単にボタン連打しているだけでは攻略できなくなり、アクションとしての作りがより一層奥深さを増している。
ストーリーは、中盤以降訪れるトンデモ展開は、想像通り賛否両論だが、シナリオ自体は先が気になるものであり、ゲームを続けるための原動力になるぐらいの魅力はあった。

【これは変えて欲しいと思ったところ】
マップが広く複雑で迷いやすい。アングルが良くないのか、そもそも構造自体が緻密すぎるのか。
これのせいで探索が苦痛で仕方がなかった。ダンジョンも広く複雑で、オートマッピングが付いていてもなお迷う。

ゲーム自体も長すぎた。30時間程度でクリアしている人もいるようだが、自分はクリアまで46時間もかかってしまった。
途中、レベル上げに数時間同じ敵と戦うなどに費やしたり、無意味に迷うダンジョン探索や、ダンジョン内のギミックの攻略に足止めを食らったりして、自力で攻略するにはこれぐらいかかるものだと思われる。

バトルは面白いのではあるが、攻撃する時に視点が勝手に動くのが逆に見づらく、煩わしかった。
また、軸ズレで自分の攻撃が良く外れることが多く、敵にまともに攻撃を当てるのすら一苦労というのは、参った。
どうやら主人公のフェイトはあまりキャラクターとしては強くないらしく、他のパーティキャラのほうが強く使えるらしい。これはないだろう。主人公を最強にしろとは言わないが、デフォルトではフェイトを使うようになっているのだから、標準以上の使い勝手を持たせないと、いけないだろう。

アイテムクリエイションも大幅リニューアルしていて凝っているのは良いのだが、やはり前作のようにスキル習得していって、素材アイテムを組み合わせて何かを作るという形のほうが、物を作り出しているという実感を強く得られたように思う。今作のように、お金を消費してスカウトした職人に作ってもらうという行為自体に面白みを感じなかった。それに、スカウトする職人がどこにいるのかわからず探すのが大変。システムの説明が少なくて、何をどうやればよいのかがさっぱりわからなかった。2003年のRPGにここまで求めるのは酷かもしれないが、チュートリアルで実際に何かを作る流れとか、職人をスカウトする流れを実際に体験させるということは必要だったのではないかと思う。結果、膨大なアイテムが用意されているようなのではあるが、システムの説明が不足しているので、全く楽しめなかった。
逆に、デフォルトで用意されているアイテムの種類が本当に必要最低限で、アイテムクリエイションを活用しなさいという押し付けがましさが感じられて、残念だった。前作のように、アイテムの種類の多彩さを感じられなかった。

ダンジョンのギミックが、凝っているのだが、全体的に不親切で、何をどうすればよいのか?の部分の説明が欠けていることが多い。
そのため、どうやれば先に進めるのか、という肝心な部分が分かりづらく、手探りで突破法を見つけていくのが苦痛だった。

あと、細かいことだけど、メッセージ送りに一括表示を用意して欲しかった。

キャラクターデザイン。もっと頑張れなかったものかなあ。大作RPGにしてはトホホな水準。

あまり、他のレビューサイトでは言われないことだけど、全体的に配慮が足りない部分、ゲームとしての粗が多いところが目立っていて、そこら辺の作り込みの甘さ(時間が足りなかった?)が惜しい。

【個人の徒然感想】
スターオーシャンというシリーズは、バトルだけ面白い作品というわけではなくて、前作のように多彩なスキルがあって、それを習得させて、アイテムを作り出す以外にも(本編ストーリーとは無関係な)色々なことができるというのが、最も特徴的な部分だと思っている。
しかし、今作ではそのスキルの部分がバッサリと端折られてしまったのは、シリーズの長所をほとんど捨て去ってしまったように感じた。

そういった要素をなくてしまった結果、むしろ本作はストーリー重視のゲームになってしまった印象で、バトルよりもむしろストーリーの先が気になるから頑張るという感じで、前2作とは全く真逆のシチュエーションを抱えたまま、最後までプレイしていったという感想だ。

フリーズバグの多い作品として有名だが、筆者の環境では、フリーズバグは1回起こっただけで極めて正常にプレイすることが出来た。
本体の型番はSCPH-50000で、内蔵HDDのインストール機能を使ってプレイした。

バトルも面白いことは面白かったのだが、一々3すくみの読み合いを行うのが、RPGの戦闘としては煩わしいという感想のほうが強かった。
読み合いをするよりも、乱戦に持ち込まれることが多くて、もっとフラットに戦うバランスでも良かったように思う。
前作までは仲間のNPCも優秀だったので、ほぼプレイヤー操作に集中すればよかったものの、色々やらなきゃならないことが増えたことで、なんだか爽快感を奪われた感じがもったいなかった。

今は上位版のディレクターズ・カット版があり、このゲームをまともに遊ぶのだったら、多少高くても絶対にディレクターズ・カット版を勧める。
環境によってはフリーズバグがない状態でプレイできると言っても、フリーズ以外の致命的なバグは回避不能だと思うので、安いからと無印版を選ぶのははっきり言ってマズイ。
そのうち、ディレクターズ・カット版もプレイして違いをレビューしたいと思うが、しばらく間をおいてプレイしたいと思っている。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR