FC2ブログ

ゲームレビューをうまく書けるようになりたい。どうすればよいのか...

俺は諦めずに続けていることが一つある、それはゲームレビューである。
未だにクリアしたゲームのゲームレビューをずっと書き続けている。

書くのに2時間とか3時間とかかけてすごく苦労して書いても、ページビューは8とかだと、すごく悲しい。

新作の話題作をやっても、10とかはザラである。

どうしてこんなにもアクセスが落ちぶれてしまったのか。

それは俺のゲームレビューを書く力量が不足しているからだと言わざるを得ない。

うまくレビューが書けるように、日々勉強というか、他人のレビューを読んだりして参考にしているのであるが、いつまで経っても上達しないのだ。

今まで俺は、「思ったことをそのまま書く」
これを最重要視してきた。

しかしこれじゃあ、レビューとは言えないということに数年前に気づいた。

俺は今でも素人がゲームレビューを始めるなら「思ったことをそのまま書く」姿勢はすごく大事だと思っている。

だが、そこから成長するためにはそれでは駄目だということを身にしみて感じたのだ。

まず、読み手がいるということを意識しなければならない。
そして、読み手が不快になる表現は避ける、そして説得力のある論理を展開していく

俺はこの2点が非常に重要だと思っている。

特に説得力のある論理というのは、ゲームレビューを始めたばかりではまず出すことは無理だろう。
経験を積んで、あるいはたくさんのゲームに触れた上で身についてくるものなので、一朝一夕でできることではない。

勿論、俺にも未だできてることではない。

一番いいのは、自分が遊んでみて面白かったゲームだけをレビューする方法である。

何が面白かったのか、それを探すのは難しいが、楽しかったということを表現することはそれほど難しいことではないと思っている。

この違いは、理解していただけるだろうか。

逆に、自分にはあまり面白くなかったゲーム、これをレビューするのは中々に難しい。
単に面白さを理解していなかっただけと言うことにもなりかねないからだ。

俺は10数年のゲームレビューの経験で、この手のことで何度も失敗してきた。

だから、俺と同じ失敗をしないためにも、面白かったゲームだけをレビューするというのも大切なことなのだ。

それでゲームレビューの腕前が上がってきたところで、つまらなく感じたゲームをレビューするのにチャンレンジしてみる。

どこがどうつまらなかったのか?
説得力のある論理を展開すれば、相手にはきっと理解してもらえる。

ゲームレビューというのは難しい。

もう、俺のゲームレビューサイトは誰にも読んでもらえないだろうが、これから始めてみようと思っている人には頑張ってもらいたいものである。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR