FC2ブログ

こんな人生も悪くない

2013年から5年間。

俺の中では「失われた5年」だと思っている。

この5年間、俺の人生は何も進まなかった。

悲しいことだ。

そして、この5年間は過ぎ去るのも早かった。
まさにあっという間、新幹線にでも乗っていた気分だ。

なにもない、何も起こらない、だからあっという間だったのかもしれない。

気がつけば世の中は色んなことが進歩していて、色んなことが変わっていったりしたものだった。

だが、俺には何もなかった。

2012年、2013年。
それぐらいの時代には、まだ何かしらイベントがあった。動きがあった。

このブログを通じて仕事の紹介なんかもあったのだ、実は。
それは俺が原因で、駄目にしてしまったのだけど、あのときあの仕事に就いていれば(言うほど大げさなものではないが)、俺の人生間違いなく180度変わっていたことだろうと思う。

なぜ躊躇したか?
その時の俺に、やれる!という確証がなかったためだ。

そうだ、俺は失敗を恐れていたんだ。

2013年は、このブログがグノシーに載った。
もういないかと思うが、グノシー経由でこのブログを知った人は多いのではないだろうか。
なぜ、俺のブログがグノシーに採用されたのか、未だ持ってわからない。
一時的にブログのページビューは大幅に伸び、ブログランキングは5位に入るほどになった。

その後、なにか起こったりということはない。
俺の人生は、停滞期を迎えた。

その間にも世の中は大きく動いている。

ただ、何もしなかったというより、なにかアクションを起こしてみても、何も起こらないという空回りの現象が起こっていた。

まず、一念発起してRPGツクールでRPGを作った。
結果は芳しくなかった。
思ったほど反響はなかったし、かなり苦労した割にはこれで人生が変わるほどの出来事なんかが起きるというようなことはなかった。

もちろん、会社を受けたりとかもやった。
ほぼ全部駄目だった。ご存知の通り、バイトで採用されたのが郵便局ぐらいで、その他は全部駄目だった。
もう俺は普通の路線でいきていくのは難しいことを悟った。

そうやって思っていたら、精神科の病院で発達障害の診断を受けた。
そこでやっと肩の荷が下りたが、問題が全部解決したわけではない。
俺は焦っている。
今、直面している問題というのがまさにここである。

こうやって思い返してみると、「失われた5年」の間にも、結構色んなことがあったんだなと思う。
だが、空っぽの5年間というのは、俺の中の自己評価では変わらない。

でも良かったんじゃないか。
俺はたった一つだけ、こんな人生を歩んできてメリットがあったことがわかった。

それは、何らかのイベントや仕事がなくそんな空白の期間の暇な時間にゲームをやって、死ぬまでにやっておきたいゲームも散々やってきて、飽きるほどゲームをやったことだ。

もちろん死ぬまでにやっておきたいゲームを全部やれたわけじゃないけど、これだけはどうしてもやっておきたいというものはあらかたやり尽くしたように思う。
そして、ゲームに飽いていったのも、結果的に悔いが無くなってよかったんじゃないか。

結局ゲームなんてものは極論いえば暇つぶしの道具に過ぎない。
その極地にたどり着いただけでも、スッキリしてよかったんじゃないか。

普通は学生時代の卒業とともに、ゲームもそういった理由で卒業していくだろうレベルのことをこの歳でやっと気づくというのも間抜けな話なのだろうが、それだけ俺にとってゲームは思い入れが強かったということで話のオチをつけておきたい。

俺は、そう思っている。

だが、こんな人生も悪くなかったが、いいことはなかった。

人生の喜怒哀楽は2013年頃まではあったが、その後は何もなく、俺の人生は停滞を迎えるばかりだ。

それでも言いたい。

こんな人生も悪くない
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR