FC2ブログ

「世界の中心で、愛をさけぶ」を、読んでいる。

10年以上前、大ブームになった「世界の中心で、愛をさけぶ」を今更読んでいる。
ドラマや映画にもなったが、原作である小説の方を読んでいる。

ちょうど半分ぐらいまで読み進めたところなのだが、
正直言って、これがどうしてブームになったのか、まったくもってわからない、というのが俺の感想だ。

小説としては、どういうものかというと十代の男女が織りなす純愛物なのだが、面白さが、良くわからない。

好みに合わないということなのだろうが、冷静に考えても、この小説が、面白いという圏内にどうしても入ってこないのだ。

まず冒頭がまずい。
大人になった主人公が出てきて、どこかに旅行しているというようなシーンから始まる。
そこで明かされるのは、10代の頃、愛し合った彼女が死んでしまっているという事実だ。

その後、過去に回想して、話は中学高校生時代の主人公の時代に移る。
そこから延々と、彼女との出会いと、思い出話になっていく。

だが、最初にこの彼女が死んでしまうと明かされてしまうので、このあと悲しい出来事があるんだというのがわかりきってしまっている。
序盤から、この事実を明かしてしまう意味はあるのだろうか。

切ないということを演出したいのだろうが、じゃあ愛し合った学生時代のエピソードが特別面白いのかと言うと、良くある普通の恋愛で、地の文も面白いっていうものがなくて、普通、平凡といったところ。

なにより、主人公がちょっと理屈屋で文学少年じみていて、リアリティがない。
女の子の方も、「こんな男の理想像の塊のような純朴な子がいるのか?」と疑問を投げかけたくなる性格をしていて、ちょっと作り物感が強い。

で、それを延々と見せつけられるわけだ、読者は。

なんというか、きつい物言いになってしまうが、ギャルゲーのノベルゲームのつまらないキャラルートの読み物を読まされている感じがする。
もっと面白い”恋愛”を描いた物語はたくさんあるというふうに感じた。

途中まで読んだ感想なので、最後まで読んだらまた違った感想になるのだろうが、残り100ページに、評価を激変させるようななにかがあるとは思えない。

これが世間一般では「泣ける」のか。

純愛物で、恋愛部分の描写が、没個性で単調というのは、致命的のように感じる。
借り物の世界で描かれた、借り物の恋愛で、どうやって感情移入して感動できるのだろう。

俺には、ちょっとわからない。

ちょっと、書評を書こうと思ってずいぶんと時間が経ってしまったが、読み物としてはちょっと冗長だった「ホームレス中学生」のほうがまだ、面白みはあったものだ。

途中まで読みかけたので、一応最後まで読んでみようとは思うが、厳しい評価は変わらないものと思って欲しい。

これがブームを起こすほどの小説とは、ちょっと拍子抜けである。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR