FC2ブログ

1990年代、オタクに人権はなかった。

今から20年以上前の話だ。

1990年代のこと。

アニメやゲームを嗜むいわゆる「オタク」に、人権はなかった。

今でこそ、アニメも、ゲームも、クールジャパンの名のもとに、理解を示されている。
しかし、1990年代はこうじゃなかった。

俺が若かりし10代の頃の話だ。

ゲームをやってたり、アニメを見てたりする行為はクズ確定で、あまり会話の話題にのぼることがなかった。
男同士とか同性だったら、そういう話題の会話もアリだったのかもしれないが。
間違っても異性との会話で、ゲームとかそういうアニメの話題を出すのは確実にアウトだった。

ついでにいうと、パソコンなんて持ってたり、使っているような人なんてのは変人変態扱いされていた。

なんで、そうだったのか?

今思うと、明確な理由が出てこない。
なんとなく、空気的に駄目な空気が漂っており、アニメやゲームをやってるやつはダメ人間の烙印を押されるような空気感みたいなものが本当にあったのだ。

もう今の時代は、カラオケでのアニメソングなんてのは、盛り上げソングの役目になりつつあるが、1990年代の当時は「歌うことが恥ずかしい」とされるものだった。

そうやって、変なレッテルを貼られて、オタクというものが徹底的に排除されていたのだった。

その根源にあるものは何なのだろうか。
今の俺が思うに、大多数に理解できないものに興味を示している、ということからくるのではないだろうか。
日本人特有のみんな同じ価値観を持ち、同じことをしなければならないという教育が今よりも強く根付いていたことから来ているのではないだろうか。

それが2000年に入り、パソコンやインターネットの普及とともに、オタクがなんで駄目なんだという空気が広がっていき、今の状態に至っている。

俺は思う。
全くいい時代になったものだ。

俺が若い頃は、間違いなくそういうレッテル貼りがあって、なにか居づらい生きづらい空気感のようなものが存在していた。

今はアニメやゲームをやっていたって、咎められない。
もちろん、そういう場所、コミュニティは未だにあるのかもしれないが、ちょっと考えられないと思う。

ここまで書いてきた話
若い人には理解不能ではないかと思う。

今はパソコンを使えないとどちらかと言うと恥ずかしい時代だし、まずゲームやアニメが理解されないということ自体に、「なんで?」とお思いになることだと思う。
そもそも若い子らが、このブログを読みに来ているわけがないという話になるのだが。とりあえず。

だが、間違いなくそういう空気感が存在していたのだ。1990年代には。

俺はそういう時代を生きてきて、ホリエモンが言う「常識というのは、簡単に書き換わる」という言葉を実感しそれをひしひしと感じている。

そして俺は言いたい。俺はそういう難しい時代を生きてきたということだ。
ゲームやアニメの全盛期であると同時に、大多数の人間からは「なにか変なもの」を崇拝して遊んでいるというふうに見られていた。

というか、そうやって新しいサブカルチャーを徹底排除しようとしたのは主に年上、マスコミなどの力だと思っている。

よくわからないけど、俺達の年代は、アニメはNGだけど漫画はオーケーだった。
ただ、サンデーとかジャンプでやってるエロ漫画枠読んでるやつは、やっぱり白い目で見られていたが。
(これは今も白い目で見られるかもしれないが、その軽蔑っぷりは今の比ではない)

そして、そんなエロ漫画を読んでも許されるのは「※ただしイケメンに限る」というのも、当時からそうだった。

俺が高校生の時、進路相談で「ゲーム業界に行きたい」と言っても、反対されて柄でもない「教師になりなさい」と言われるぐらい、時代というものが混沌としており、追いついていなかったのだった。
その進路相談は1998年6月のことだった。
結局、この進路相談の話を出したいがためだけに、壮大な前振りを書いてきたわけだが、わかっていただけただろうか?(何をだ)

ここまで書いてきたように、
こうやって時代というのはうつろい変わっていくのだ。
これから先、どのように時代が変化していくのか、本当にわからない。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR