FC2ブログ

ニコ生主やるのも大変だということを身に染みて感じている。

ニコ生で生主をやりだして、2週間近く経とうとしている。

それで感じたのは、ニコ生主をやるのは本当に大変だということだ。

最初は人が来ない。
俺の場合は、ブログで宣伝してるから、まだマシな方だ。
これだけ、放送が溢れていると、まず見てもらえなくて普通なのだ。

無名の状態で、コメントも来ないで、挫折してやめていくのが大半なのだそうだ。

しかしそれは当然のことだ。
なにせ、自分は無名なのだから。

人が来るようになるまでは、根気強く生放送を続けるしか無いとしか言えない。
俺だって、今日明日にはまだどうなっているかわからない状態なのだ。

そして、次に、喋り続ける技術。

これはゲーム放送をやっていても、同じことが言える。
まだ、雑談と違って、ゲームをやっているだけ、目の前にしゃべるネタがあるだけマシとも言える。

ゲームやりながらしゃべる、その上、コメントを読みながらゲーム
ということが、予想以上に大変だということがわかった。

ニコ生主でゲームやってる人たちで、ゲームが上手だとしたら、素の技術力も相当なものだと言えると思う。
彼らは普通にゲームをやっているのとは違うのだ。
喋りながら、コメントを読み上げながらゲームをやっているのだから、ヘタで当然なのだ。
俺はこれは、ニコ生主を自分自身でやってみて、一番実感した部分だ。

「コイツ下手くそだな!!」
とか、一度ぐらいはニコ生を見ていて頭の中でバカにしたことがないだろうか。
すぐ目の前に目的の人物やものがあるのに、華麗にスルーしたり、ストーリーテキストをちゃんと読んでなかったり、なんでなんだ!!
と思っていた。

が、これは実際に同じことをやってみてほしい。
すると、思っている以上にゲームができないことに気づく。
できる人は、それは単純にニコ生に向いているだけなので、すぐに始めたほうがいい。

俺は、人前で喋ることがめっきり減ってしまったので、全然喋れなくなってしまっている。
舌がさっぱりまわらなくなってしまっていて、滑舌が悪く聞くに堪えないものになってしまっている。

一昔前は、ゲームやりながらでも喋れたものだが、悲しいことに、年を食って、喋りながらゲームということが、過剰に難しくなってしまっている。

俺の場合は、夜中にしか出来ないので、眠気との戦いも辛いものとなっている。

毎日、放送前は、「今日は人集まるかな、コメントちゃんとくるかな」と不安になっている。
それで、いつも放送直前はアンニュイな気持ちになって、バックレそうになったりしている。

頼む、誰か、助けてくれ!!

と言いたくなることがある。

しかしなんとか毎日放送を続けている。

体力的に大変になることを想像していたが、そこらへんは意外となんとかなっている。

とにかく、実際に、ニコ生主をやってみて、その過酷さや大変さに触れて、身震いしているのが今の俺の状態だ。
本当に、ニコ生主というのは、見た目とは裏腹に、大変なものなのだ。
長くやり続けている人、人気ものになっている人、が俺は凄いと素直に尊敬している。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR