FC2ブログ

ゲームレビューとは一体何なのだ?俺はずっと考えている。

俺はゲームレビューを書いている。
読んでいる人は読んでいるのだろうが、未だに細々とゲームレビューはやっている。

しかし最近、思うことがある。

ゲームレビューとは一体何なのだ?

最近、良くわからなくなってきている。

一般的にはゲームレビュー=読書感想文
こう考えられているのだろう。

だが、俺は、一般的な感想文では満足できないのだ。

俺が読みたいのは、ゲームに対して堪能で、ゲームの内容をきちんと言語化・ロジック化できる人を求めているのだ。

だがネット上に転がる大量のゲームレビューで、俺の期待しているような内容を書いてくれる人というのは本当に少ない。

所詮、ネット上のゲームレビューというのは、読み物の一つとして捉えられているのだろう。
だから、読んでいて面白いとか、そういうものが好まれる傾向にある。

俺は、ゲームレビューは、どちらかと言うと読書感想文というよりかは、紹介という意味のほうが近いような気がしている。

なので、ゲームの紹介をせずに、我を出して感想文をずらずらといきなり書き始められると、もうそこで一気に萎えてしまうのだ。

紹介とはどういう意味なのか。

ゲームのコンセプトやシステム、内容を紹介しながら、ピックアップした情報に良し悪しを書いて解説していく、というのが、俺が求めているゲームレビューの理想的な姿だ。

そこには、点数をつけるとか、何かの評価をつけるみたいなものは俺にとっては必要ないのだ。

そんなものよりも、ゲームそのものをどうやって面白くしているのかとか、どういった部分が問題点なのかということを鋭い切り口で、かっちりと書いてくれるレビュー、
俺はそれを求めている。

だが、そんなレビューは読み物としては淡泊で、味がなくて、大衆には受けないのである。

しかし、俺ができるのは淡泊にゲームを紹介して、それの良し悪しを解説する程度のレビューしかかけないのである。

それすらも、最近は満足にできているか怪しいと思っているほどだ。

俺は、それで、困っている。

ゲームレビューの路線も今や絶たれた状態で、今後どうすればいいのかを悩んでいる。

俺が目標としているゲームレビューはある。

それは、鳶嶋工房さんというホームページにあるゲームレビューだ。

やはり、ここまで書けなければ、ゲームレビューと言えないレベルのものになっていて、俺は目標のあまりの高さに、頭がクラクラしてしまうほどだった。

この鳶嶋工房のとんびさんというのは、本当に素晴らしい人だ。

ゲーム制作やプログラミングを行いながら、絵も書いていて、HTMLの知識も豊富で、その上でゲームレビューをやっているのだ。

ここで読めるゲームレビューなんて、無料で読めるのが本当に凄いと言っても過言ではないレベルだ。

しかし、何度も俺は書いているが、鳶嶋工房というサイトはゲーマーたちからはあまり注目されておらず、メジャーではない。

どうしてなのだろう。

俺は考えた。

これだけ文章力もすごくて、切り口も斬新でブレない内容になっていて、素晴らしいものになっているのに、ゲーマーたちからは、あまり評判になっていないのである。

これだけレベルの高いゲームレビュー、他にないよ!!

本当にそう思っている。

これと同じぐらいレベルの高いゲームレビューを書いているサイトがあるのなら、俺は知りたいと思っているほどなのだ。

前にも書いた気がするが、ここより質の高いレビューサイトがあるのなら、ぜひとも俺に教えてほしいと思っている。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR