FC2ブログ

“生きがい“や“やり甲斐“、生きてる実感が欲しい

生きがいややり甲斐、生きている実感が失われていったのは、いつからなのだろうか。

このブログをお読みの方は、俺を見て、うつ病だとか重度のメンヘラとか思うのかもしれない。
だが、実際会って話してみて、そんなとき、「なんてあっけからんとした人なんだろう」と、誰もが思うらしい。

俺は、ただ陰キャなだけなのかもしれない。

だが、ネットでも良い、俺と音声で会話してみると、暗い感じは全然なく、なんてのんきな人なんだろうとさえ、思ってしまうようなのである。

しかし、内面ではいつもこんなネガティブなことを考えている。

昔はこうじゃなかった、20歳とか、それぐらいの頃までは。

将来のことなど、まだ未知数の頃の話だ。

社会に出てからのことなんか、考えなくてもいい頃の話だ。

そういった頃は、今みたいに暗いことを考えたりしたことはなかった。

俺は、19のときから、将来が不安になり、その結果不眠症になっていった。
夜、寝られないのである。

当時、インターネットやネットゲーム(ドリームキャストのファンタシースターオンライン)にハマっていたからというのも一理ある。

だが、ネットゲームに飽きてからも、夜が眠れない。
大体、俺が病的にネットゲームにハマっていたのは、3,4ヶ月といった程度だ。
熱しやすく冷めやすい俺は、仮にネットゲームにハマっても、飽きるのも早かったというわけだ。

ネットゲームにハマっていた頃は、不眠症にはなっていなかった。不眠症になったのは、それからもっと後のことだ。

不思議なことに夜になっても眠れないし、夜明けが来て昼間になっても、寝てないのに眠くなってこないのである。

若さのせいかな?
年甲斐もなくそんな事を考えたりもした。

だが、寝れないというのは本当に困ることで、寝てないからなんだか頭がボーッとして集中できないし、変な時間に眠くなるしで、とっても困っていたのである。

この頃のことは、もう、殆ど覚えていない。

なにせ、2001年の出来事だ。もう17年も前のことなので、思い出せないのだ。

そして、2001年の10月頃、このことを当時かかりつけの病院に相談して、俺は睡眠薬を処方された。

初めて睡眠薬を飲んだ日のことはよく覚えている。

飲んだ後、しばらくして、立ち上がろうとしても立ち上がれず、文字通り倒れ込むようにして寝た。
そんな効果てきめんの状態が1ヶ月は続いたのだろうか。
人間の体というのは恐ろしいもので、毎日そんな薬を飲んでいると耐性がついてくるのだ。
睡眠薬を飲んでさえ、眠れない日が出てきたりしてくるのだ。
だが、基本的にはぐっすりと眠れるようになった。

実は睡眠薬をやめようとしたこともあった。
それがないと眠れない体になってしまうのが嫌だったからだ。
しかし、半年以上、薬を使って寝ていた俺は、眠りにつくことができず、諦めた。

これは今でもそうだ。
今も俺は睡眠薬を服用している。
ただ、当時服用していたものよりも軽いらしい薬に切り替えて量も減らしており、最終的には飲まずに寝れるようにしたいと思って訓練している最中だ。

俺は、そんなボロボロの体になって、考えている。

生きがいとか、やり甲斐とか、そして、生きている実感が失われていっていた。

どういうことなのだろうか。

俺は毎日考えている。

自分の生きがい、
やり甲斐、
生きてる実感を
本当に求めている。

俺にはなんにも無い。

頑張ってきたつもりなのだけども、虚無や虚しさしか残っていない。

何かを始めてみても、うまくいかないから、すぐに放り出してしまう。

これの繰り返しがよくないのかもしれない。

最近は、ゲームは当然のことながら、PCでネットやっていることも害悪なんじゃないか、と考えるようになっていった。

かといって、やめたところで、余計に何もしなくなる。

そういったものから目を背けて、外に目を向けろということなのかもしれないが、じゃあ何がある?という話になる。

見えない部分に、大事なものがあるんだっていうのだとしたら、具体例を指し示してほしい。

屁理屈に過ぎないが、ゲームやネット断ちをして、人生が前向きに動くんだ、
っていうのなら、言われるまでもなく、すぐに実行に移しているだろう。

俺は何かを始めても、一人で壁打ちばかりで、すぐに虚しくなっていき、次第に飽きていってしまう。

すぐに結果を求めすぎるのかもしれない。
それもあるのかもしれない。

ずっと俺は、この哲学的な問題に直面して、上手く解決できずにいる。

俺という人間は、これからどうしたらいいんだ?

もうやるべきことはやりつくしたし、本当にやるべきことがもう思いつかなくなってきている。

まだまだ甘いのかもしれない。

それは、わからない。

誰かに聞いたって、明確な正解は出てこないだろう。

みんな、黙って前を向いて歩いている。

俺は、全然前を歩けていない。いつまでも、ころんだままで、その場にへたりこんでいる。

この違いは、なんなのだろうか。何が原因なのだろうか。

楽していきたいとか、そういうことじゃないんだ。

俺は、生きがいややり甲斐や、生きている実感を求めているんだ。

歳とともに、俺は贅沢になっていっているのかもしれない。
それも考えた。

それと同時に、いろんなことを妥協してきているはずだし、若い頃と比べるとプライドもなくなっていったと、思っている。

いつもの、乗り越えられない壁にぶつかって、その都度、俺は考える。

どうして俺は、前に進めないのだろう。

自分の人生は、寿命は、確実に目減りしていっているのに、時は経っていっているのに、本質的には全然前へと進めていないのだ。

こんなにもったいないことなんて、あるだろうか?

俺はなんとかして、自分の人生を動かしたい。
前でも後ろでもいいから。

俺は毎日、こんな感じに焦っている。

何も変化のない今こそが、俺にとっての本当の修羅場なのか?
そんなふうに感じている。

生きがい、やり甲斐、生きてる実感を見つけるための。

俺一人の力では見つけられないかもしれない。
そんなとき、どうしたらいいのだろう

俺は困った。

いつまでも、うじうじうじうじと、
俺の方こそ、そう思っている。

もう、あらゆる事象が、止まりきった時のせいで、わかりきってしまっているのだ。

なんとかして、この止まりきった時を動かしたい。それも、今すぐにだ。

俺は毎日、こんなことを必死に考えて、そして、困っている。

自分のことは自分が一番、なんとかしたいと思っているのだ!!
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR