FC2ブログ

ゲームやってるだけで、ゲーム会社入れるなんてそんな虫のいい話なんて世の中にはないと断言する

twitter.png

題目のとおりだ。

ツイッターではこのようなツイートが話題を集めている。

だが、ゲームやっているだけで、ゲーム会社入れる(しかも大手)なんて虫のいい話は世の中には存在しない。

この人は、他に何か芸かやっていることがあったんでしょう。
何でもいい、どんな趣味でもいいから、ゲーム以外の趣味がきっとあったはずだ。

ソースは俺だ。

俺は大手のゲーム会社に何回か応募したことがある。
そして、その大手企業のエントリーシートには確かに、「やったことのあるゲームリスト」という項目があった。
(もう5年以上も前の話だ)

※正確には違ったかもしれない。
 確か、『感銘を受けたゲームリスト』か何かだった気がする。

いずれにしても、そういう項目に、俺はびっしりゲームを書いて、応募したことがある。

が、落ちた。

当たり前だ。

俺はそんなところにたくさんゲームを書いたからって、一次試験通って面接に行けるなんて全く思ってもいなかった。
何か、他の人よりわずかのアドバンテージになればいいな程度で、いっぱい書けるだけ書いたと言うだけの話だ。

まず、第一にゲーム作りはそんなに甘い作業じゃないということだ。

俺は、この点に関しては、RPGツクールMVで実際に完成までゲームを作ったことがあるから、百も承知である。

そして、ゲームを作るということが、いかに大変な作業であるかを痛感し、簡単にゲーム作る方に回りたいとは言わないし、思わないようにした。

このツイートの最後にも書かれているが、これはレアケースだ。
伝説的出来事と書かれているが、普通はありえない話だ。

そして、最初にも書いたが、この大手企業に入った人は、他になにか芸達者な物を持っていたはずなのだ。

そうじゃなけりゃ、ゲーム作りはできないし、やれない。

ゲームを馬鹿みたいにやっているだけでは、ゲームを作る側になんて回れないのだ。

これは俺が痛いほどその身に味わい刻んだ出来事だ。

俺の言っていることが信じられないなら、今すぐにでもRPGツクールでゲームを作ってみるといい。
面白いゲームとやらが簡単に作れると思ったら大間違いだ。

最後まで作りきれず挫折する人が多数、できても「あれ、なんか思ったとおりにならないぞ」というのが大半だと思っている。

(ここで現実は厳しいみたいな説教臭いことばかり書いているが、少し和らげるために書くと、大半が「あれ、なんか思ったとおりにならないぞ」からスタートして、そこから修練を重ねていくことになるので、ここで俺みたいに諦めたり落ち込むものではないのだ)

最初から面白いものが、手応えのあるものができたのなら、その人は本当に才能があるということになる。
これは俺が保証する。保証にならないのかもしれないが、俺が保証する。

今の時代、ゲームクリエイターがゲームが好きというのは当たり前なのだ(というか日の目を見るような人だったら、俺の体感の観測としては今も昔もゲームが好きな人がクリエイターやってるんだが)。
そこに、プラスアルファしてなにかできることがないと、作る側になんて回ることはできない。

俺が言いたいのは、このツイートだけを見て勘違いしたり妙な希望を抱くべきではないということだ。

このツイートに至るまでの経緯として、20年くらい前は、ゲーム会社はゲーム好きの人を避けて採っていた。だけど、それで痛い目を見たから、今はゲーム好きな人も採るようになったという話の流れで、このツイートが出てきた。

ハッキリ言って、ゲームだけやってる人は今も昔もいらない人間である。

なぜなら、ゲームしかできないからだ。

デバッグも、おそらく無理だろう。

ここまで説教臭さ全開の内容だったから、じゃあゲームばかりやっている人で他に取り柄がない人はどうすればいいのかというと、ゲームライターを目指した方がいい。

これは真面目に言っている。

たくさんのゲーム知識を活かして、あとは文章力を磨くだけ。

夢のあこがれの職業のクリエイターには程遠い職種かもしれないが、
自分の好きなマイナーで埋もれているゲームを世に広めて大々的に紹介したり、
新作ゲームをいち早くプレイして、面白さを伝えたりするのも今や立派な仕事の一つだ。

俺にはその道ももう無理で閉ざされてしまったが、ここを見てる若い将来のある子たちで
道に迷っている人は、今すぐにでも挑戦したほうがいい。

前にも書いたが、どこかメディアサイトで寄稿を受け付けているようなところを探して、どんどん行動に移す

また説教臭くなってきたが、これをやらないと、将来俺みたいになってしまうから書いている。

メディアサイトで寄稿を請け負うんじゃなくて、フリーでブロガーとしてやるのだっていいんじゃないのなんて思われるかもしれないが、

だれか指南してくれる人やコネクションがあるのとないのとでは、環境は大違いだ。

ゲームしか取り柄がなくて将来困っている人がどうすればいいのか、今書いたことを即実践に移すべきである。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR