FC2ブログ

俺にはなにもない

今回の記事は、前回の記事の後半部のようなものだ。
本当は一緒にして一つの記事にしようと思ったのだが、いつもの自己顕示欲の強い内容だから分割することにした。

俺はいろんなことをやってきた。
10年以上続けたゲームレビュー、ゲーム配信、そしてこのブログ...

だが、どれもうまく行った試しがない。

否、
うまくいきそうな兆候はあったのだが、それを全部自分の手で潰してきた。

なんともったいないことだろう

後から振り返ってももう遅い。

その時は、チャンスだと感じなかったことも、後から振り返ると、人生の分け目とも言えるほどの出来事だったりするものだ。

ひとつひとつ見ていこう。

例えばゲームレビュー。
2004年からはじめて、ずっと独学で頑張ってきたものだ。

しかし、これほど無駄なことはないと最近になってようやく気づいた。

俺がずっとやってきたことは、ただの自己満足の塊であり、人が見ても面白いものでも何でもない価値のないことを、ただやり続けていた。

この過ちにどうして早く気づかなかったのだろうと思う。

勢い任せにずっとやってきたことだから、気づくことは難しかったのだろう。

気づいて、今年になって軌道修正するまでの間は、本当に無駄な文章の集まりで、ただ人を不快にさせることしか俺はやっていなかった。

もう、今となっては、それほど力が入っていないし、自信もなくなり、ゲームレビューへのモチベーションはだだ下がりの一方である。

そして俺は、10年以上やってきたゲームレビューを最も自分の中で誇りとして掲げていたが、それもやめた。
そんなものは誇りではなくホコリとなってチリに消えさった。

こんなもの、早くのうちにやめてしまえばよかったと、心から思っている。
別にゲームレビューをやっていたからといって、文章力が向上したとも思わないし、ゲームへの見方が他の人より鋭くなったとも思わない。

なんにも能力が向上しないことを、力入れてやっていたのである。

俺が今、自分に一番失望するとしたらこのチャンスが一度も訪れなかったゲームレビューの分野である。

2004年
思えば、あの頃、もうすでにブログとか出てきていたのに、一生懸命HTMLを勉強して
あえてホームページを設立し、ゲームレビューのコンテンツを充実させるために躍起になっていた。

あの頃の自分が本当に馬鹿らしいと感じる。
というか、努力の方向性をただ間違えていただけで、努力していたようで努力になってない、そんな自分に今振り返ると、腹が立つものだ。

逆にハンデを背負ったと言っても過言ではないほどだ。
10年以上続けてきた上から目線の偉そうな文体は、矯正するのにはかなり時間がかかるだろう。
なんで、こんなことになってしまったのか。俺は嘆いた。

次に、このブログだ。

このブログはグノシーに一度取り上げられるなど、アクセスアップの機会が何度かあった。
しかし、俺は自分が嫌で嫌で心底嫌気が差すたびに、ブログの更新も嫌になり、無気力となってブログを放置した。
これを繰り返した結果、ブログのアクセスも頭打ちになり、今となってはもうアクセスアップの機会はなくなった。

なんだかんだで思いつきだけで始めたこのブログ

きづけば8年も運営してきたということに、自分でも驚く。
もちろん、この間、空白期間がかなり多く存在しているため、実働時間としてはもっと短いのだが、
こんなブログを逃げては戻ってきての出戻りを繰り返しながら8年にもなるというのは、自分としても驚きの他ない。

意外だったのは、このブログがゲームレビューなんかより面白がられていたということだった。

一番適当に運営していて、その時の心情の吐露をやっているだけのブログが、面白いと言ってもらえる。
その事実に感謝をしたい。

8年の間に色々なことがあったが、結果的に何も残っていないという事実だけがそこにある。
俺は、ただその事実に悲しむばかりだ。

最後は、ゲーム配信だ。

この話は何度も何度も書いているから、ここでは端折らせてもらう。

要するに、今から11年前に、自分がやっているゲームをネットに生配信で流して他の人に見てもらう、おまけに自分の声を入れてという新しい遊びが生まれたところに立ち会った。

俺はなんと面白い事ができるんだ!!
と、自分もすぐにやりたいと必死にネットで調べて、必要機材を揃えた。

最初からいきなりうまくいかなかったものの、ちょっとやっていると100人以上もの人が集まるようになり、知る人ぞ知るぐらいの有名人にはなった。

しかし、生配信は生配信特有の人付き合いの煩わしさなどもあり、当時の俺は飽きやすく、3ヶ月もやれば情熱が冷めてきていた。

せっかく、100人もの人が来るほどのコミュニティに成長したのに、最終的にはそれを捨ててしまったのだ。

10年経って今は、それでお金を稼いで生活している人がいたり、視聴者数100人どころか1000人とか珍しくない時代に突入している。

だが、俺の功績は別にすごいことだとは思わない。
なにせ当時から、それほど有名人じゃなかったし、あくまで知ってる人は知ってる程度の知名度だったのだから。

そして、仮に俺がゲーム配信を続けていたとしても、金稼げるほどの逸材になっていたとは思わない。

ここを読みに来ている人は薄々気づいているとは思うが、俺は表に出るのが得意な人間ではないし、表に出て脚光を浴びるようなタイプではないからだ。

やはりこうやってブログ執筆や、動画という分野でも、ゲームだったらゲームプレイで魅せていくなど裏方作業に徹するのが最も向いている。

前に書いたが、俺はそれでも、ニコ生を始めてみたいと思っている。

これは、一攫千金狙いたいという理由ではなく、このブログを見に来ている人を中心に身内向けに数人で配信が成り立つ程度のコミュニティができればいいという程度の考え方だ。

それ以上の物は望まない。望んでも今の俺の力ではとてもじゃないが無理である。

ネットというのは、人と人とをつなぐツールである。
しかし、今、これだけネットを使っている人が増えた現在、人と人がつながることが逆に難しくなってきているのだ。

それは一つに、動画配信の視聴者数や再生数に現れる。

俺はただ、つながりを求めているだけである。動画配信にそれ以上のものは求めない。これまで長々書いてきたお金稼ぎなんて幻想も求めない。
それは俺とは違って人に好かれる人が上手な人ができることであって、俺には出来ない。

俺はいろんなことをやってきたが、最終的にどれもこれもうまくいかないという理由で捨ててきた。

その過程で、うまくいきそうな出来事もあったのだけども、それらも含めて俺は全部捨ててしまった。

もう俺には何も残っていない。この先、人生が上向きそうなこともない。

俺にはなにもない。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR