FC2ブログ

久しぶりに就職活動、採用試験に行ってきた。

実はこれは、ブログ記事に残したくない出来事だから取り上げたくなかったのだが、後の自分が振り返って「そんなこともあったな」と思えるように、あえて書くことにした。

今日は作業所の仕事を休んで、久しぶりの就職活動、採用試験に行っていた。

何の仕事かまでは書かない(書けない)が、障害者雇用の仕事であり、とんでもない倍率の求人に応募している。
(大体障害者雇用の求人というのは、とんでもない倍率ばかりなのだが)

結果は・・・大失敗だ。

面接の最後の最後で大失言をしてしまい、落ちることはあっても、受かることはないだろうということがわかったからだ。

それから、最初にやった筆記試験、これも自信がなかった。対策を何もしていなかったためだ。

痛感しているのは、相手は面接のプロであるということだ。
それをまざまざと見せつけられた。
どういうことかというと、受け答えに疲れてくる後半に、うまく本音を聞き出すように質問を出し渋っていて、その罠に見事にかかってしまったということだった。

相手はそこらへんがうまい。俺は障害者雇用だからと、ちょっと油断していたと言ってもいい。
障害者雇用だから普通の一般採用と違って、面接の受け答えもシビアなことは聞かれないと思っていた。

しかし、今回の採用試験、さすが聞くところはきちっと聞いてくる。

俺は思わず、言ってはいけないことを言ってしまい、採用担当者が仕掛けた狡猾な罠にはまり込んでしまったのだ。

どういうことかというと、

「この仕事、向いていると思いますか?」(意訳)

「はい、思いません」

こうやって答えてしまったようなものだ。

まあ、受かったところで今回は本当に困る代物だったから、別にいいと思っている。
なんだか負け惜しみみたいなセリフに聞こえるだろうが、本当のことだ。

簡単に言うと、周りの人が「受けろ! 受けろ!」というから受けただけだ。
なんだか情けない話だが、本当の話だ。

ところで今回、久しぶりに採用試験を受けることになったために、準備に時間がかかり非常に大変だった。

まず、履歴書や職務経歴書の書き直しから始まった。
これは、ハローワークの人にわざわざ添削してもらって、付け足したり修正したりが必要になり、時間がかかった。

履歴書に貼る写真もなくなっていたため、写真屋にわざわざ撮りに行ったりもした。

そして、何より困ったのが、自分用のスーツがボロボロになって使い物にならなくなっていたので、父親のものを借りたということだ。

借り物なので、破ったりしてしまわないか不安になりながら採用試験の間、過ごしていた。

さて、終わった話をいつまでも書いていても仕方がない。

俺は今後、障害者向けの作業所に通いながら、こうやって障害者雇用に応募し続けるのかというと、否だ。
大体、普通に就職して働いてどうたらこうたらっていうことが普通にやれているのなら、とっくにやっている。

だから今後も、俺の未来は明るくない。

相変わらず、俺は困っている。

ただ、毎回困っている話ばかりするのもナンなのでこの辺にしておく。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR