FC2ブログ

「大竹まことのただいまPCランド」を知っているか!?

「大竹まことのただいまPCランド」は、1989年4月から1992年3月までテレビ東京系で夕方に放送されていたバラエティ番組である。



結構面白い番組なので、ちょっと動画を見てみて欲しい。
終盤にシークバーを動かせば、ゲーム情報コーナーが流れる。

この番組は、PCエンジンのゲームソフトの最新情報をお届けするという名目で始まったものの、
実際の本編はゲームとは全く関係ないことを、本当にやりたい放題やっている番組だ。

ゲームメーカーがスポンサーなのに、こんなゲームと一切関係ないバラエティ番組をやっていて大丈夫なのか!?などと思っていたが、やはり、放送開始から3年経ったある日、唐突に番組は終了を迎えた。

自分が子供の頃、放送していた番組で、そしてリアルタイムに見ていた。

子供の頃だから、バラエティの面白さが100%わかっているわけではなかった。
まあ、中学生ぐらいだったら、楽しく見れていたかもしれないが。
子供向けに配慮した作りではあるんだけど、ちょっと会話がところどころ大人にならないとわからない部分があったり、ギャグとかも、ギリギリ中学生でわかるか、高校生以降でないと、“本当に笑えない”レベル。

だけど、いい年の大人たちが集まって、子供みたいにはしゃいで色んなことをして遊ぶという番組コンセプトは、凄く着眼点が良くて面白かったんじゃないかと思う。

自分は、まだ小学生3年4年とかだったので、節々に入る会話の面白さはわからなかったが、いい大人達がはしゃいで楽しんでいる姿だけは楽しそうに見ていた。

まあ、本音を言えば、ゲーム情報コーナーが目当てだったので、さっさとゲームコーナーやってくれっていうのがあったが。

で。この番組は、視聴率も悪くなかったし、というか、夕方にしては10%に迫る勢いがあり、とても視聴率は高かったのだけど、唐突に番組は終わってしまった。

後番組も、PCエンジンのゲームメーカーがスポンサーになって、PCエンジンのゲーム情報を紹介する番組だった。

これも知る人ぞ知る、「聖(セイント)PCハイスクール」である。

女性アイドルが学校で、ゲーム(PCエンジン)のことを学ぶという番組で、視聴者やスポンサーのリクエストに答えて、ゲーム情報の規模を大幅に拡大、
メインがゲームというものに据えられたのだが、残念ながら「大竹まことのただいまPCランド」と比べると
出演者のグレードが大幅にダウン、
番組後期ではロケとかでテコ入れを図った後が見られるのだが、バラエティ番組としての面白さはグッと落ちてしまったと思う。

僅か半年で番組は終了し、PCエンジンの情報番組が途絶えることになってしまった。
(これは、スポンサーの事情とかのほうが大きかったと思うが)

断っておくと、「聖PCハイスクール」もゲームを取り扱ったバラエティ番組としては、面白かったと思うし、見れたもんじゃないってほどでもなかったんだけど、当時はまだゲームを軸に据えたバラエティ番組ってのは、難しかったんだろうなあって言う感じだった。

あと、視聴者層を考慮して、女性アイドル路線にしてしまったのも痛い。
自分はターゲット層から外れていたので、見るのが恥ずかしかったし、あまり出演してる女性アイドルたちにもトキメいたりとかもなかった。

結果、「大竹まことのただいまPCランド」が良かったとなってしまうのである。

まあ、今ではもう絶対にできないし、難しい番組だなと思う。

まず、出演者たちがゲーム世代じゃない上に、全然ゲームのことを勉強しないで、渡辺浩弐(出演者唯一のゲーム業界の人)に任せきりにしてしまってることとか、
ゲーム情報番組なのに、テレビゲーム以外のゲームで思いっきり遊ぶっていうコンセプトが、
この年になってくると、逆にコンセプトが良いよねって気持ちになっている。

今はあまり過激なことはやれないし、ゲームを取り扱う番組となったら、ゲームのこと必死に勉強してくるだろうし、そもそも趣味でゲームやってる芸人のほうがほとんどだろうから、こういう空気感の番組はもう絶対やれないだろうなと思ったのだ。
スポンサーサイト
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR