FC2ブログ

こんな暗いブログをずっと運営するんじゃなく、10年以上前に始めたゲーム配信をずっと続けていればよかったと後悔している

俺は今から12年前の2007年4月に、ゲーム配信を始めた。
その経緯は、このブログで何回も何回も繰り返し詳しく記述しているから、ここでまた同じことを書くのは不毛だろう。

その時、俺にはそれなりの人数の固定客がついたのだが、2019年の今はもう、その時の人はだれもいない。

信じられないかもしれないが、そのうちのいくつかの視聴者からは物を送ってきてもらったりしたものだった。
そのことについてもこのブログで写真付きで紹介しており、やはり詳しく書く必要はない。

しかし、どんどん視聴者が減っていき、過疎が気になってきた俺は2010年8月に引退配信を行った。
そして本当に、引退してしまった。

それから一ヶ月後のことだ。
口寂しくなってきた俺は、動画配信を始めるのではなく、そのかわりに、このブログを始めた。
2010年9月も終わりの頃のことだ。

どうして俺は、動画配信をやめてしまったのだろう。
昔は、動画配信をやり始めた頃は、絶えずコメントが来て、その賑わいに慣れきってしまっていたからだろう。
毎回100人以上の視聴者が来て、賑わいが賑わいを産み、何十年生きてきた人生の中でも最高に楽しい瞬間であった。

それがだんだんと客が減り始め、コメントも減り、過疎が生まれてきて、「こんなことを続けていても視聴者は目減りするばかりだしナァ」と、やめることを決めてしまったのだ。

だが、文才のない俺がブログをやるよりも、まだ、当時黎明期だったゲーム配信をやったほうが可能性を見いだせたというのは、疑いもない事実だ。
どうして俺は、ソコに気づかなかったのだろうと今更になって後悔している。

そして俺はもう一つずっと続けていたことがあった。
それが、ゲームレビューサイトだった。

俺は、このゲームレビューサイトの執筆こそ、メインのルーティンで、当時はこっちもソコソコ悪い意味でも客が来てたし、メインから外すことは出来なかった。
今思えば、どうして、文才がないのに、こんなゲームレビューサイトの運営に力が入っていたのか、謎で謎でしょうがないものである。

どうして、動画配信をやめてしまったのか?

理由の一つとしては、ゲームレビューサイトの運営と関係がある。

動画配信は喋りながらコメントを見ながらゲームを行う。
当然、普通にゲームをやるよりも、注意散漫な状態でゲームを行うことになる。
そうなると、ゲームへの集中力が途切れて、きちんとゲームと向き合ってプレイできていない気がしていたのだ。

そして、動画配信中は、視聴者からのアドバイスやネタバレも飛び交ったりする。
そんな状態でゲームを続けることが、ゲームレビューサイトをやっていた俺には耐え難かったのだ。

だが、ゲームレビューをやめてしまえば、そんなことはあまり気にしなくて良い。
俺は、ゲームレビューという呪縛に縛られ、ゲーム配信に神経質になっていたのだ。

俺がゲームレビューにすがりついて、また、動画配信の代わりにブログをやりだした未来がどうなったのかは、皆さん今の俺を見てご存知のとおりだろう。

ゲームレビューは俺が新作ゲームを扱えなくなって、人がどんどん来なくなり、今ではほとんど来客もない真の過疎サイトになった。
そして、前は楽しんで書いていたゲームレビューも書けなくなり、俺がこの道に来たことは間違いだったと日々劣等感にさいなまれる日々となっている。

ブログもご存知のとおりだ。一度だけバズったことがあったもののそれも動画配信をやっていたことを細かく記事にしたことであり、結局は動画配信を人より先駆けてやっていたという経験のおかげでしかない。

じゃあまた、ゲーム配信をやればいい。
そういう結論に行くだろう。

だがもう時代は変わった。

引退して10年経とうとしている今、世の中の仕組みも価値観も変わり果てたこの時代で、俺がやれることなどなにもない。

何より、ゲーム配信をやるとなったら、パソコンを買い替えたり、マイク、配信機材をゼロから全部取り揃えなければならない。

そんなお金がどこにある?

この10年、俺は何をしていたのだろう。

ゲーム配信を続けていれば、違った未来が見られたかもしれないのに、俺はそれをやらなかった。

間違っても文才が必要とされる、ゲームレビュー、ブログをやるべきではなかった。

俺が真にやるべきだったのは、ゲーム配信だったのだと今更気づいてももう遅い。

まあ、大成してすごい良い未来が来るとは考えづらい。
だが、今のこの状態よりは、まだ良い状態になっているのは間違いなく断言できる。

俺はゲーム配信をやめて、そのかわりにこんなブログを10年やってきて、得られたものは一体何だ?

勿論、無ではない。

ブログのおかげでいろいろな人と出会う機会はあった。

だが、ゲーム配信をやっていたら、もっといろいろな人と出会っていたのかもしれないと思うと、こんなコンセプトもなにもない暗いブログをただ10年垂れ流していただけと比べると、それは雲泥の差だと思われる。

今の俺にはこうやって、過去を悔やむことしか出来ない。

じゃあ、これからどうする?に明確な答えを見いだせないからだ。

俺にはなにもない。

何かをするにも、何も思い浮かばないのだ。

もう俺も若くは無い。
昔と比べると、瞬発力も柔軟性も創造性も劣ってきている。
それらは、はっきりと肌に感じられている。

今日の俺はただひたすら、どうしてゲーム配信をやめてしまったのかということに固執している。

辛いこともたくさんあっただろうと思うが、ゲーム配信をやっていたほうが人生が充実していたのだろうと思うと、この10年、俺はそれを失われた10年と呼称しているが、その失われた10年を味わうこと無く、過ごすことが出来たのだろうと思う。

これからでもいい、楽しく生きていくためにはどうしたら良いのか?
ひたすら悩む日々である。

俺は毎日、苦悩している。
本当に、困っている。

頼む、誰か、助けてくれ!!

ご清聴ありがとうございました。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR