FC2ブログ

ゲームレビューサイト(ブログ)を一線で運営している人も大変だと感じている。

題目の通りだ。

世の中には、ゲームレビューサイトというものがたくさんある。
その中でも、第一線で活躍しているレビューブログを見ていると、本当に運営するのは大変なんだなと感じている。

まず、自分には合わない、つまらなかったゲームでも、酷評はできないということだ。
ブログ・サイトには色んな人が見に来る。多くの人の共感を生むには、ネガティブなレビューばかりでは、人は離れていってしまうのだ。
なので、本音でゲームレビューを書いてしまうわけにはいかない。自分のプレイスタイルに合わなかった、単純につまらなかったというゲームでも、面白かった部分をまとめてレビューとしてアップしなければならない。

これは相当に大変な作業だと感じている。

そして、レビューというのは速報性が大事にされる。
まだ出たばかりの新作ゲームで、感想が出揃ってない段階で、いかに早く攻略して、レビューとして出すかということが本当に重要視される。

俺みたいにゲームに飽いて行っている立場の人間としては、年がら年中、ゲームをジャンキーのようにプレイして、クリアしまくるという行為を続けることが本当に大変だと思っている。

俺はゲームレビューは本音で書くべきだと思い、10数年間、それを貫き続けてきた。
ところが『それじゃだめなんだ』ということにやっと気がついた。

はっきりいって、俺はそれに気づくのが遅すぎた。

こんな俺でも、いつも言っているが、俺がやっていたゲームレビューサイトは、昔はそれなりにアクセスが有ったのだ。
信じられないかもしれないが。

しかし、時代は変わってくる。

本音だらけの破綻した論点のずれたゲームレビューは、求められなくなってくる。

そうやって、俺のサイトは衰退していった。
(全然更新しなくなったというのが最大の原因だと思われるが)

今の俺のゲームレビューサイトのアクセス数?

一日に50,60だ。
それも多いときであって、低調になると30とか20にまで落ち込むことがある。

このうち、更新したゲームレビューに見に来る数は10、20あれば良いほうだ。

本当に少ないだろう?

どうすれば、この鬱屈した状態から打開できるのか、考えている次第である。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR