FC2ブログ

15年続けてきたゲームレビューサイトがひどすぎるので改修している。

知らない人も多いかと思われるが、俺には15年続けてきたゲームレビューサイトがある。
今ではさっぱりアクセスもなく、全然人には見られていないが、そんなサイトを俺は運営していたのだ。

15年、年数だけは続けていて、質の方といえばさっぱりひどいので、文章を書き直したりしている。

これが、うまくいかない。

今の俺がやり直したからと言って、良くなったとは必ずしも言えず、良いレビューを書くためにはどうすればよいのかということを日々悩んでいるのだ。

ネットに転がるたくさんのゲームレビューサイト。
やはり素晴らしいのは、このブログでも度々紹介しているが、鳶嶋工房だ。
このサイトで行われているゲームレビューは、他とは一線を画している。
とにかく、中身が濃いし、下手したらプロのライターよりもレベルの高いレビュー記事を読ませてくれるのだ。

俺もこういうふうになりたいと思う。

しかしそれは中々、難しい話なのだ。

日本では良くゲームレビューというのは、他人の褌で相撲を取る薄汚い職業というふうに見られがちだ。

ところが、鳶嶋工房さんのゲームレビューをいくつか読んで欲しい。
極まったゲームレビュアーというのは、それ自体が芸として成立するのである。

日本では中々、そういう人種が育ってこなくて、表立っていないから、ゲームレビュアーというものが職業として成立せず、また、下に見られる要因となってしまっている。

俺はいつも、日常的に、鳶嶋工房さんのレビュー記事を読んでて、なんとかその文章力だとかゲームレビュアーとしての芸を吸収できないものかと、日々レビュー記事を読み尽くしている。

特に読んでほしいと思っているのが、Splatoon(スプラトゥーン)ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドだ。
他にも、新し目のゲームをレビューしているので、その項を是非読んでいただきたい。

俺にはここまでの深いレビュー考察は、とてもじゃないが、無理だ。
はっきり感じさせられる。

だが、鳶嶋工房さんが初期に執筆されたゲームレビューであれば、頑張れば今の俺にも書けるようにはなれないか?
そう思いながら、俺は頑張ってやっている。

この、鳶嶋工房さんは本当に素晴らしい人だ。
ライターとしても活動していて、絵もかけてプログラムも書けて、ドット打ちもできて、と本当になんでもできる人なのだ。

最近はRPGツクールMV界隈で活動するようになって、その世界ではだいぶ認知されてきているようなのだ。

俺としては、15年前から知っているすごい人であるから、何を今更感があるのであるが、とにかくすごい人なのである。

そんななんでもできる人だから、寂しいのは、ゲームレビューの更新が中々されないということだ。
最後に更新されたのは去年の11月が最後だ。
こんな感じで、ゲームレビューが本業ではないので、更新は一年に数回程度というのが基本なのだ。

話がそれていったが...

俺はこういう人たちを見習って、なんとか最初は真似事レベルでも良いから、自サイトのゲームレビューの質の向上に勤めたいと思っている。

しかし、なかなか思ったようにはいかない。
それで、困っている。

その行為に、手応えを感じることができるなら、もっとモチベーションの向上につながっていくのだが。
難しい話だ。

良い質のゲームレビューが書けるようになれば、もっと人だって見に来て、アフィリエイトの収入も増えていくことだろうと思っている。

しかし俺はそこで躓いているのだ。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR