FC2ブログ

レトロゲームの高額化が止まらない。このまま行けば一般人が手に取れない趣味になっていってしまう

近年、レトロゲームの高額化が進んでいる。
よく言われるのが、海外でのメガドライブソフトの人気である。
外国人観光客が日本にやってきて日本のメガドライブソフトを買い漁るために在庫がなくなり、結果としてプレミアが付いていくということだ。

今から10年前というと、レトロゲームは俺みたいな物好きだけが買う市場であり、そのため、価格も今ほど高くなることはなかった。
ところが近年、海外も含めて、レトロゲームに注目する層が激増したため、それに比例して価格も跳ね上がってしまったのだ。

どうしてこのようなことが起こってしまったのか。

それは、一つに、世界的にレトロゲームの価値が知れ渡るようになったことが原因だと思う。
かつてはレトロゲームが注目されることはなく、その価値に気づいた俺含め一部の人間だけが買っていたようなものだった。
極端を言うと、俺が買い集めていたレトロゲームなんて、家族からはゴミ扱いされているし、なぜそんなものを買ってくるのか、安物買いの銭失いなど、散々な言われようであった。

ところが今は、それらが手に入りづらい代物になっていき、俺の持つゲームソフトのごく一部には、プレミア価格がつくようになってしまっている。

俺が懸念している問題として、このまま行くと、レトロゲームを買うという行為が一般人にはできなくなってくる可能性が出てくるのではないかということだ。

そんなバカな...と思われるだろう。
ところが、そんな笑い話が現実に起こり得るかもしれないのだ。

俺個人としては、金がなくなったため8年前の2011年9月を最後に、レトロゲームを買い漁ることをやめた。
それ以降、品薄と高額化がどんどんと進み、今では別世界の様相を呈してしまっている。

俺に資金力があれば...このような状態に陥る前に、もっと色々なレトロゲームを手に入れたり、出来たのだろうが、悲しいことにそれは叶うことはなかった。

レトロゲームのプレミア化というのは、何も悲しいネガティブな側面ばかりではない。
これはどういうことかというと、レトロゲーム界隈がビジネスになろうとしているということだ。

より貴重さを増しているレトロゲーム。
それらを使って、Youtubeにプレイ動画を公開したり、攻略サイトを作ってみたり、それらが脚光を浴びようとしているということなのだ。

しかし、そのビジネスに飛び込むためにはやはり、お金が必要なのだ。
それも以前とは比べ物にならないほどの資金が必要になってくるのだ。

しかも、リターンの保証はない。うまく出来る人なら莫大なリターンを得ることが出来るかもしれないが、それに関しては相当うまくやらないと、ダメだろう。

レトロゲームの行く末は今後どうなってしまうのか、そして俺の行く末はどうなってしまうのか、気になる所だ。
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR