FC2ブログ

SFCのロマンシングサ・ガ3を、やっている。

2019_0422_191811_826.jpg 
先日、ロマンシングサ・ガ2略してロマサガ2をクリアまでやったので、今度はその続編のロマサガ3をやりだしている。

このゲームは、発売当時、中学生だった俺が、新聞配達の2回目の給料をはたいて発売日に買った、凄く思い入れの強いゲームだ。

今とは違って、ゲームソフト1本1万円する時代だ。
(今も大作ソフトは1万近い値段するようになってきているが)
このロマサガ3も、値引きされても10000円を超える値段をしていたと記憶している。

それを、新聞配達の給料で買ったのだ。

俺は、買いに行った日のことを未だに良く覚えている。
発売日は第二土曜日で学校は休みだった。開店時間めがけて朝早くから曇り空の中、自転車を駆け出して買いに行ったのだ。
(当時は、毎週土曜日は休みではなく、第二土曜日だけ休みだったのだ)

当時クリアまではプレイしたのだが、ラスボスがうまく倒せず苦労したのを覚えている。
同じ学校の知り合いに、倒し方を教えてもらって、倒したのだ。

(なんてことはない、「分身剣」を使うんだよ、というアドバイスだけ聞いただけだが)

そんないわくつきのゲーム、24年ぶりにリプレイするにあたって、主人公はあえて24年前と同じ「ユリアン」を選んだ。

2019_0422_191834_269.jpg ↑現在のパーティ。24年前を再現したかったのだが、残念ながら再現ならず。

もう四魔貴族を2人撃破するところまでは進めたのだが、同じ主人公を選んでも、冒険の歩みは大きく違う展開を見せた。

まず、24年前は仲間にいたはずのモニカがいない。
俺は当然、モニカを仲間にするものだと思っていたから、一度別れたあと、どこかで再開するのだろうと思っていたら、ゲーム後半、世界中を巡っても、モニカは見つからない。
どうやら、モンスターに連れ去られたモニカは今回それを放っておいたせいで、24年ぶりのリプレイでは消滅してしまったようだ。
24年前のプレイを再現する目的もあったから、これには衝撃を受けてしまった。

24年前の俺、どうやって助けたんだろう?全く覚えていない。

そして、久しぶりにロマサガ3をやって、凄いことを思い出した。

ユリアンでプレイすると、序盤はツヴァイクという町に行き、そのままキドラントという村でイベントを見る人が大半だろう。
生贄の洞窟の奥にいるボスを倒すことになるのだが、なんと依頼主の陰謀で洞窟内に閉じ込められてしまう。
仕方がないので奥まで行ってボスを見て、これはちょっと倒せそうにないので逃げる
そして、もう一度入り口にいると、とある人が助けてくれる、という流れになる。

ところが俺は、閉じ込められた、出られない!と勘違いして、そのボスを倒そうと洞窟の中で必死にレベル上げを始めた。
確か仲間は3人とかだったと思う。構成までは流石に覚えていない。
(ボスはレベル上げすれば倒せるような相手ではなく、相当戦ったあとに外への出るやり方に気づいた覚えがある)

この超序盤の段階で相当に戦闘回数を稼いだせいで、敵のランクが上がりに上がりきってしまい、ハードモードのロマサガ3が始まったのは言うまでもない。

ちなみに、ロマサガを知らない人に説明すると、ロマサガというゲームは、戦闘回数を重ねると徐々に強い敵が出るようにランクアップするようになっていて、無駄に戦闘回数を稼いでしまうと、それだけで難易度が上がるゲームになってしまう。なお、普通に(多少考えて)遊ぶ分には問題ないバランスになっている。

それ以外にも、会社経営のトレードイベントというミニゲームや、マスコンバットという戦争のミニゲームをやっていた。しかし今回のリプレイではそれらを味わうことが出来ていない。
イベントの発生条件がわからず、イベント自体を発生させることが出来なかったのだ。

ロマサガ3を改めてプレイし直してびっくりとしたのは、「アレ? イベントこんなに少なかったっけ?」

当時のクリアデータが残っているのだが、なんと俺は42時間もプレイしているのだ。
それにもかかわらず、今回は10時間かそこらで、もうイベントが枯渇してしまい、さらに世界中見て回って、行くところがなくなり、やることない状態になりだしている。

俺はびっくりしている。

思い出補正凄いな。

やはりリプレイしておいて正解だった。
ただ、イベントに関しては発生条件がわからないだけで、いくつも見逃している可能性があるのは、忘れてはならない所だ。
なんでこんなにもイベントが発生しないのだろう?

思っていた以上に世界は狭いし、町も少ない。洞窟やダンジョンも全然なくて、スケールが小さい。

だけど、当時はこの程度の規模でも、ものすごい熱量とボリュームを持ったRPGとして、楽しんでいたのだから本当に不思議なものである。

当時はこんなものでも、満足して楽しめていたのだから、本当に時代というのはわからない。

2019_0422_191848_771.jpg
↑世界は思っていた以上に狭かった。こんなに狭かったのは意外だった。 
スポンサーサイト



プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR