FC2ブログ

今日の更新は休みます、すみません。

ブログに書くネタがどうしても思いつかないので、今日は更新を休みます。
すみません。
スポンサーサイト



ニコ生のクリエイター奨励プログラムは失敗だったのではないか?ニコ生中堅ゲーム配信者がどんどんつまらなくなっている気がする。金のためにやっているのが透けて見えるためだ。

ニコ生を見ない人にはさっぱりの話題かもしれないから、1から簡潔に解説しておきたいと思う。

ニコ生には、クリエイター奨励プログラムというものがある。
これに登録して配信すると、配信時間と累計視聴者数、コメント数に応じて、お金(正確にはニコニコポイントだが、一定額まで貯めると現金に変換可能)が支払われるというものだ。

このクリエイター奨励プログラム、略してクリ奨は、2017年10月から始まったようである。

これを利用して、それなりにお金を稼ぐことができるのが、タイトルにも書いた通り、立ち見が出る程度のいわゆる中堅ゲーム配信者である。

立ち見は、大体同時視聴者数が500人を超えると発生するので、一つの目安になる。

ここでは具体的に誰かというのを名指しでは書かない。なぜなら個人批判につながってしまうからだ。
俺が好んでみていた、中堅ゲーム配信者の何人かという表現にさせてもらいたい。

このクリ奨で一ヶ月それなりの収入(予想ではあるが、6万から10万弱だと思われる)が得られることがわかってから、中堅ゲーム配信者達は、こぞってお金稼ぎにシフトした配信方法に変わっていった。

文字通り、ゲームを遊ぶことが一気に仕事へと変わったのである。

それまで、どちらかと言うと社会的弱者の立場だった中堅ゲーム配信者たちの地位が、一気に逆転した瞬間だ。

こうなったらもう、手がつけられない。もう、水を得た魚のようになってしまったのだ。

「俺は働きたくない、これ(ニコ生)で食っていくんだ!」

と、強気の発言になり、そのためリスナーのそれに対する煽りも空を切るばかり。

じゃあ、ゲーム配信が面白いのかと言うと、どんどんお金稼ぎの欲が出て惰性になっていってしまっている。

具体的にどうなってしまったのか。

例えば、ゲームをやらなくなる。ゲームやりながら長時間配信するのもしんどいので、ゲームの手を止めて雑談に花を咲かせようとする。それであからさまな時間稼ぎをする。

時間調整を行う。
ダラダラとあからさまな時間稼ぎの雑談などをして、効率よくクリ奨を稼げる時間まで時間調整を行い、その時間が過ぎたら、「じゃあ、終わりまーす」といって終わる。
しかも、この時間調整に、リスナーのほとんど全員が気づいていない。
あるいは、気づいた人はもう去っていってしまったのかも知れない。

ゲーム配信が好きでやっていた人が、好きなことでお金が稼げるようになった結果、つまらなくなってしまったのだ。
なんとも皮肉なことだと俺は思う。

それは俺の中堅ゲーム配信者たちへの見方が変わったからではないか?
そう思い慎重になっていた時期もあった。

だが、昔はそんな露骨に金稼ぎのために不自然な行動を起こしていなかった人たちが、最近は金稼ぎを意識した言動や行動にシフトしていったことが透けて見えてからは、どうも素直に楽しめなくなっていった。
お金が絡まなかった頃は、もっとゲーム配信というものに真摯に向き合い、真剣にゲームをやっていた印象だ。
それが時給単位でお金が入ってくることがわかってからは、ダラダラと引き伸ばしたゲーム配信あるいは雑談配信になりがちで、どんどんとつまらなくなっていってしまった。

そして、俺は中堅ゲーム配信者の配信をだんだんと見なくなった。

ニコ生に本当にクリ奨は必要だったんだろうか?

俺は、疑問に思っている。

【レビュー】スターオーシャン3(※無印版)

【ゲーム概要】
エニックスとトライエースによる、人気RPGシリーズ、「スターオーシャン」の第3作目。
大迫力のリアルタイムアクションバトルと、様々なアイテムを作り出せるアイテムクリエイションシステムが特徴の、大作ロールプレイングゲーム。

【購入金額】
約7000円
発売日に、新品購入したもの。

【プレイ時間】
約46時間
クリア済み。

【自分の好きレベル5段階】
レベル2 ★★☆☆☆
大作RPGらしくよく出来ているんだが、細かい不満点も多く、星で言うと残念ながら3以下といったところ。

【新規に買うとしたら、妥当と思う価格】
500円

【面白かったと感じたところ】
やはり、シリーズの核でもあり、売りともなっている、リアルタイムアクションバトルが面白い。
大攻撃、小攻撃の2種類に分けられた攻撃、それに加えてプロテクトというアクションによって、3すくみが上手に表現されており、単にボタン連打しているだけでは攻略できなくなり、アクションとしての作りがより一層奥深さを増している。
ストーリーは、中盤以降訪れるトンデモ展開は、想像通り賛否両論だが、シナリオ自体は先が気になるものであり、ゲームを続けるための原動力になるぐらいの魅力はあった。

【これは変えて欲しいと思ったところ】
マップが広く複雑で迷いやすい。アングルが良くないのか、そもそも構造自体が緻密すぎるのか。
これのせいで探索が苦痛で仕方がなかった。ダンジョンも広く複雑で、オートマッピングが付いていてもなお迷う。

ゲーム自体も長すぎた。30時間程度でクリアしている人もいるようだが、自分はクリアまで46時間もかかってしまった。
途中、レベル上げに数時間同じ敵と戦うなどに費やしたり、無意味に迷うダンジョン探索や、ダンジョン内のギミックの攻略に足止めを食らったりして、自力で攻略するにはこれぐらいかかるものだと思われる。

バトルは面白いのではあるが、攻撃する時に視点が勝手に動くのが逆に見づらく、煩わしかった。
また、軸ズレで自分の攻撃が良く外れることが多く、敵にまともに攻撃を当てるのすら一苦労というのは、参った。
どうやら主人公のフェイトはあまりキャラクターとしては強くないらしく、他のパーティキャラのほうが強く使えるらしい。これはないだろう。主人公を最強にしろとは言わないが、デフォルトではフェイトを使うようになっているのだから、標準以上の使い勝手を持たせないと、いけないだろう。

アイテムクリエイションも大幅リニューアルしていて凝っているのは良いのだが、やはり前作のようにスキル習得していって、素材アイテムを組み合わせて何かを作るという形のほうが、物を作り出しているという実感を強く得られたように思う。今作のように、お金を消費してスカウトした職人に作ってもらうという行為自体に面白みを感じなかった。それに、スカウトする職人がどこにいるのかわからず探すのが大変。システムの説明が少なくて、何をどうやればよいのかがさっぱりわからなかった。2003年のRPGにここまで求めるのは酷かもしれないが、チュートリアルで実際に何かを作る流れとか、職人をスカウトする流れを実際に体験させるということは必要だったのではないかと思う。結果、膨大なアイテムが用意されているようなのではあるが、システムの説明が不足しているので、全く楽しめなかった。
逆に、デフォルトで用意されているアイテムの種類が本当に必要最低限で、アイテムクリエイションを活用しなさいという押し付けがましさが感じられて、残念だった。前作のように、アイテムの種類の多彩さを感じられなかった。

ダンジョンのギミックが、凝っているのだが、全体的に不親切で、何をどうすればよいのか?の部分の説明が欠けていることが多い。
そのため、どうやれば先に進めるのか、という肝心な部分が分かりづらく、手探りで突破法を見つけていくのが苦痛だった。

あと、細かいことだけど、メッセージ送りに一括表示を用意して欲しかった。

キャラクターデザイン。もっと頑張れなかったものかなあ。大作RPGにしてはトホホな水準。

あまり、他のレビューサイトでは言われないことだけど、全体的に配慮が足りない部分、ゲームとしての粗が多いところが目立っていて、そこら辺の作り込みの甘さ(時間が足りなかった?)が惜しい。

【個人の徒然感想】
スターオーシャンというシリーズは、バトルだけ面白い作品というわけではなくて、前作のように多彩なスキルがあって、それを習得させて、アイテムを作り出す以外にも(本編ストーリーとは無関係な)色々なことができるというのが、最も特徴的な部分だと思っている。
しかし、今作ではそのスキルの部分がバッサリと端折られてしまったのは、シリーズの長所をほとんど捨て去ってしまったように感じた。

そういった要素をなくてしまった結果、むしろ本作はストーリー重視のゲームになってしまった印象で、バトルよりもむしろストーリーの先が気になるから頑張るという感じで、前2作とは全く真逆のシチュエーションを抱えたまま、最後までプレイしていったという感想だ。

フリーズバグの多い作品として有名だが、筆者の環境では、フリーズバグは1回起こっただけで極めて正常にプレイすることが出来た。
本体の型番はSCPH-50000で、内蔵HDDのインストール機能を使ってプレイした。

バトルも面白いことは面白かったのだが、一々3すくみの読み合いを行うのが、RPGの戦闘としては煩わしいという感想のほうが強かった。
読み合いをするよりも、乱戦に持ち込まれることが多くて、もっとフラットに戦うバランスでも良かったように思う。
前作までは仲間のNPCも優秀だったので、ほぼプレイヤー操作に集中すればよかったものの、色々やらなきゃならないことが増えたことで、なんだか爽快感を奪われた感じがもったいなかった。

今は上位版のディレクターズ・カット版があり、このゲームをまともに遊ぶのだったら、多少高くても絶対にディレクターズ・カット版を勧める。
環境によってはフリーズバグがない状態でプレイできると言っても、フリーズ以外の致命的なバグは回避不能だと思うので、安いからと無印版を選ぶのははっきり言ってマズイ。
そのうち、ディレクターズ・カット版もプレイして違いをレビューしたいと思うが、しばらく間をおいてプレイしたいと思っている。

俺のゲームレビューには起承転結がない。深い考察を交えた文章を書き上げるには、どうすれば良いのか...。

『キングダム ハーツIII』レビュー。続編のジレンマにとらわれ、至高の傑作になり損ねたシリーズの集大成

このリンク先は、AUTOMATONというゲーム情報サイトに掲載されている、新作ゲームのレビュー記事である。
どんなゲームでも良かったので、トップページの目立つ位置からリンクされているこの記事を取り上げたわけだが...。

俺はゲームレビューを書いているが、この記事のように起承転結がきちんとあり、理路整然と作品分析や批評を行っているような文章をさっぱり書けていない。

本当に困ったことだ。

思ったことをそのまま書いているということは、今も昔も大した変わっていない。
ただ、昔は行き過ぎて過激になっていたゲームレビュー記事が、今は物腰が柔らかくなったという程度だ。

これだけ濃密な分量の記事は、一体どうやったら書けるのだろうか...。

クソッ!!

俺は自分で自分が憎らしくて憎らしくて仕方がなくなった。

これだけゲームレビューを続けてきて、肝心なところが育っていないのだ。

俺のゲームレビューは、圧倒的な描写不足である。

やはりプロのゲームレビュアーに必要な能力というのは、作品分析のチカラと、読者に「よくぞ言った!!」と思わせる説得力だと思う。そして自分の感じたこと、思ったことを最大限に広げる空想力にあると思う。
勿論、それに加えて、大多数の読者と価値観がズレない思想を持っていたら最高の逸材なのだが。

俺には、残念ながら、それらの能力を持ち合わせていない。

困ったことだ。これには本当に困ったことだ。

長く続けてきたことなのに、なんにも伸びが無い。
俺は自分の非力さを呪った。

そして、最近の俺はどうしちまったんだろう、と同時に感じる。

これは前から書いていることだが、文章が、レビューが、かけなくなってきているのだ。

4,5年前の俺を見ると、よくゲーム一本にここまで熱く語れるな、というぐらい熱い文章を書いている。
翻って、最近の俺はゲームに情熱を持つことができなくなってきて、熱い記事が、文章が、書けなくなっていっているのだ。

ゲームレビューとは、なんぞや!?

俺は常にそれを考え続けている。

しかし、答えは出ない。

ゲームレビューとは、ゲームを語るということである。

存外、これを出来ている人は少ない。

本当にゲームを語れているか?
その部分に注目すると、俺含め、ちゃんと語れている人は本当に希少に感じる。

俺もなんとかゲームを語れるようになりたいものだ。
そのために、ちょっと練習をするつもりだ。

ゲームレビューとは、なんぞや!?

俺は常にそれを考え続けている。

久しぶりにPSPを起動したらUMDを認識しなくなっていた。

題目のとおりだ。

久しぶりにPSPでもやろうと思い、引き出しの奥から出してきて起動。
そしてUMDをセットしてみたら...。

なんと、UMDを認識しないのである。

何度も開け閉めして、強引に読み込ませたら、なんとかUMDを認識させることが出来た。
そして、普通にゲームを遊ぶことが出来ている。

まさか、PSPまでこのように不調が出るとは思ってもみなかった。

俺のPSPは、初期型で発売日に買ったものだ。

とても大切に使ってきた。一度修理に出したこともある。

このように、俺の家にあるゲーム機が次々と壊れていっている。

次は何が壊れるのか。

そんな事を考えているほどだ。

PSPの場合は、幸い、うちはPSPが2台あるので、もう一台の方を使えば良い。
もう一台の方というのが、親父が所持しているものなのであるが、もう全く使っていないようだし、問題ないだろうと思う。

PSPまで壊れたらどうしようと思う。
全く、もう少しゲーム機というものは頑丈に作って欲しいと思っている。

スーファミ、メガドライブ、ファミコンなどは壊れていないのだから、光学ディスクを使ってるから仕方ないとはいえ、なんとかしてほしいものだ。

PS2のメモリーカードが欲しくなってきている。

題目のとおりだ。

今日も書くことがないので、ゲームエントリになって、申し訳ないが。

唐突だがPS2のメモリーカードが欲しくなってきている。
3枚持っているのだが、1枚は初期型のものなので、使っていると突然データ破損が起こり、まるで使い物にならないので持ってないものと同等だ。

よって、2枚持っているのだが、うちのPS2はHDDを搭載しているので、使わないセーブデータは基本的にHDDにうつしているのだ。
だからメモリーカードは1枚だけでも不自由しないのだが、最近そうでもなくなってきた。

というのも、コピーできないセーブデータがあり、これが結構メモリーカードを圧迫してきているのだ。

コピーできないセーブデータとはなにか?

例えば、不思議のダンジョンのセーブデータとか、本当にたまにしかないが、システムデータみたいなゲームデータなどである。

しかも、そういったデータに限って、消費容量が大きく、少ないメモリーカードの容量を圧迫してしまうのだ。

コピーできないので、HDDにデータを移すことも出来ない。
一度そのメモリーカードにデータを作ってしまったら、消去以外にデータを消す方法がないのだ。

これが本当に困りもの。

本当にPS2のメモリーカードの容量のことを考えておらず、データ容量のサイズばっかり大きくしてたった8MBしかないメモリーカードの容量を食らい付くしてしまう。

確か8MBでもメモリーカードの値段は3000円とかしていたはずで、PS1時代に比べれば随分良くなったものの、まだまだ買い足しを要求される作りになってしまっている。

幸い俺は、40GBのHDDを搭載したPS2が現役で動く。
これのおかげで、使わなくなったが手元に残しておきたいセーブデータ群を全部HDDにうつして保管している。
40GBもあれば、ゲームのセーブデータ程度の容量など気にするべくもない。

HDD対応のゲームがあれば、インストール機能を使ってディスクアクセスを気にせずゲームができるし、本当にHDD様様といったところなのだ。

しかし、PS2は、ゲーム機として手頃な価格で売り出すためにHDDを切ったモデルばかりが売り出されており、HDD搭載型のモデルは主流ではなくなってしまった。

確かにHDD搭載型のPS2は高いのだが(3万前後)、そのかわりかなり快適な環境が整う。
本当に今使っている俺のPS2には頭が上がらないと言うか、感謝している次第である。

今日の更新は休みます、すみません。

今日の更新は休みます、すみません。

今日の更新は休みます、すみません。

今日はブログ更新できる時間が取れないので、更新を休みます。
すみません。

PS2の「スターオーシャン3」をやり始めている その4

今日も書くことがないので、ゲームエントリになる。

前回、溶岩洞のドラゴンに勝てないなどという話をしたが、パーティメンバーのレベルを25から37まで引き上げる地獄の猛特訓を行ったおかげで、楽勝で勝利した。

本当はLV40まで上げるつもりだったのだが、37あたりからあまりにレベルが上がらなくなってきたので、一度ボスと戦ってみることにしたのだ。

レベル上げに使った敵は、バール山脈にいるハリネズミで、1匹100しか経験値を持っていない。
しかしお金を500も持っているので、実は結構美味しい相手だったりする。お陰様でお金もかなり溜まったものだ。
ボーナスバトルに持ち込んで、経験値3倍、お金2倍の状態を維持するために、仲間に戦闘を任せて、俺の操作キャラは敵から離れた場所で待機という卑怯な戦法を使う。
それでも、不意に敵の攻撃を食らって、ボーナスバトルが解除されることが多くストレスが溜まった。
だが、まともに戦っていると、すぐに敵のクリティカル攻撃を受けて、ボーナスバトルがなくなってしまうので、こうするしかないのだ。

ここに至るまでは結構長く、あのわけのわからんアイテムクリエイションを試したりしてて、無駄に寄り道をたくさんしてしまったものだ。

色々試してみた結論として、ただレベルが極端に低かっただけというものが導き出された。

適正レベルに上がってから、戦闘が面白く感じるようになってきた。
戦闘をこれまでちゃんとやっていなかったのを、地獄のレベル上げでしっかり戦闘もやってみた。
そうしたところ、戦闘がかなり楽しめている。

ただボタン連打しているだけでは気づけない、敵のモーションを見てから動いたり、といったことをしっかり行わないと、すぐにピヨリ状態になって、劣勢に持ち込まれてしまう。

でも、やっぱり結果的にはボタン連打のごり押ししている方が強いという感じはする。
ただ、それは仲間のNPCが絶え間なく攻撃してくれているので、プレイヤーがコントロールしてやる必要がある。

今は、FD空間に行くところまでゲームを進めている。
しかしこのゲーム、随分と長くないか?

40時間近くプレイしているのだが、まだ終わらない。

それも、30時間過ぎてからやっと、ヒロインらしきソフィアと、序盤にちょっとだけ出てきたスフレが仲間になる。

しかも仲間になるのは良いのだが、LV1というのはどういうことだ。
一線で活躍しているパーティメンバーのレベルがLV38とかにもなっているというのに、LV1のキャラが加入したところで、使い所がまったくない。

また、ソフィアが戦闘は素人みたいな描写があったのに、しれっと紋章術師みたいな格好をしているというのも納得が行かない。

このゲーム、戦闘もストーリーも面白くあるとは思うのだが、どうも節々の作りが雑で配慮がなかったりする場面が数多く感じられる。

例えば、強制イベントで特定の場所に隔離されることが非常に多い。そういう場所で、回復ポイントを置いてほしいところに置いてなかったり、ショップがあるのは良いのに、そこで買える装備品が弱いものだったり、回復アイテムが補充できないラインナップになっていたりと。

俺としてはやっぱり、開発期間が十分に取れなかったんじゃないかなあと思うのだが、真相はどうなのだろうか。

割と面白い面白い書いているけど、総合的な評価としては、ちょっと落ちる。
2002年、2003年頃に出たPS2のRPGなんてこんなもんだったのかなあ。
そこら辺も見て考えないと、正当な評価とはならないのだ。

あとやっぱり視点が悪い、すごく迷う。このゲーム、迷わない人はいないだろう。

今更、このゲームを熱く語っても何も意味のない行為であるのだが、とりあえずそんなところだ。

今日の更新は休みます、すみません。

今日の更新は休みます、すみません。
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR