FC2ブログ

今日の更新は休みます、すみません。

今日は大雪によりブログ更新の時間が取れないため、更新を休みます。
すみません。
スポンサーサイト

ひたすら「老い」を感じている。

唐突な話で申し訳ないが。
俺はいつまでも自分が若いつもりでいた。

いつまでも自分は20代のような頭の考え方をしていたのだ。

ところがである、気がつけばもう36歳。
もう、世間的には立派に振る舞っていなければならない年齢である。

俺は自分がそのような状態に置かれているということに気がついていなかった。

よくあるフィクションのファンタジー世界の物語だと、仲間としては大抵最年長でみんなを引っ張っていくような立場の存在になっている。

俺はその事実に気がついてこなかった。

もう、ここ数年ぐらいは自分のことだけで精一杯で周りが見えていなかったせいだ。

普通は周りから頼り甲斐のある人物像になっていなければいけない年齢だが、俺はどうだ?

本当に不甲斐ないと言わざるを得ない。

このことから、俺は、自分の「老い」というものを深く感じている。

10年なんてあっという間だ。気がつけば「あれっ?」と、感じる。
あれからもう10年も経ったのか、と、実感のない時間の流れに、軽く焦ってしまう自分がいる。

このブログも、もう今年で10年目を迎えようとしている。
俺がこのブログを始めたときは28歳だった。
もう、そんなにも時間が流れようとしているのだ。

このブログには、俺の10年もの間の悲痛な叫び声やうめき声が溢れている。
色々なことがあった。様々なことが起きた。
そのすべてが、このブログには綴られているのだ。

そして世の中は移り変わり、携帯電話は進化してみんながスマホを持つようになり、それ以外にもたくさんの物事が進歩して変わっていった。

俺はその流れに乗れずに取り残されている。

まるで俺だけ、時が止まっているかのようだ。

俺はこれだけの時を生きてきて、何を成し遂げられたのだろう?
こうやって感慨にふけるようになった。

目に見えた実績があれば、自信にもつながっていくのだが、残念ながら、俺にはなにもない。

何度も書いているのだが、最近は文章も前みたいに書けなくなってきて、それも「老い」と関係があるのだろうかと感じている。

この歳まではそれなりに健康に生きてこられたが、それもこの先わからない。
人間いつかは、死ぬ。死ぬ時には激痛に悶え苦しみながら誰もが死んでいく。その瞬間は逃れ得ない。
その他にも、どこかの体の調子が悪くなったり、体が弱っていったりと、どんどん行きづらい状態になっていくのだ。それが「老い」というものだ。

そうなる前に、俺は、人は、なにかを成し遂げなければならないと感じているのだ。

ただ漫然と毎日を生きているだけでは、なしえないことを成し遂げなければならないと強く感じている。
そしてそれは、一人でやり遂げるのは無理なことだ。

俺は、何とかして今の停滞した人生を変えたいと考えている。

草彅剛が主演を務めた「TEAM」という刑事ドラマが好きだった(1999年作品)

1999年秋。
俺が高校3年生のときだ。

草彅剛が主演を務める「TEAM」という刑事ドラマが始まった。

このドラマは少年犯罪だけを扱った珍しいドラマで、かなり面白かったものだ。
俺は毎週、食い入るようにドラマに見入ったものだった。

ドラマの内容としては、ハードボイルドで終始暗い雰囲気だが、それがまた渋い空気感を出していてよかった。
ただ、ずっとシリアスなシーンばかりではなく、コミカルなシーンもあり、そのギャップがまた軽妙で面白味を出している。

子供をあくまでも子供、常にwhy?を問い救うべきだと考える草彅剛と、子供は子供でも大人と同じ犯罪者として冷酷に扱う西村雅彦の両極端なコンビだが息だけがピッタリ合っていて、とにかく面白かったものだ。

ご都合主義ではなく、とにかく少年の犯罪というものを現実的に淡々と冷徹に描きあげたドラマの内容は、時として心が痛み、また、時にホロリと泣きそうになる。

たいてい救われない終わり方をすることが多く、ドラマが終わったあともすっきりしないことの多いものだが、その独特の感覚を味わいたくて、毎週、今度はどんな事が起こるかを期待して思わず見てしまうのだ。

このドラマは、常に視聴者に疑問を投げかける。
世の中の不条理に、世の中の報われない現実に。そんな重苦しいドラマだが、それは確実に現実である。

俺はこのドラマを何回見返したか分からない。
そして、本ドラマ終了後も、年に一度、スペシャルドラマとして度々復活し、それはこのドラマが大成功を収めた証拠だと言えないだろうか。

しかしやはり、連続ドラマとして放送されていたときの完成度の高さにはかなわない。

特に、最終回の最後のシーン、鬼刑事だった西村雅彦が、立てこもりを行う少年に向かって放つ一言「お前...アニメとか好きか?」の一言にはそれまで全話視聴してきた人が見ると、全身が痺れ上がるのを感じるだろう。

そしてこのドラマは音楽もいい。
音楽のいいドラマは、内容もたいてい良かったりするが、このドラマも例外なく素晴らしい。

これだけ素晴らしいドラマなのに、この「TEAM」というドラマは、VHSになったっきりで、DVD化されたことがないのだ。
本当に、もったいない。

今どきの刑事ドラマは、時流の関係もあってなのか、こういう真っ向から社会問題を取り扱うことはなくなってしまった。
そして、視聴率が取れないからかこのドラマのようなシリアス路線はなくなり、大抵はコメディ路線へと走ってしまっており、このようなドラマをもう見ることはできなくなってしまっている。

すぐに笑いに走って、困ったら制服姿の女子高生を出す、今どきの刑事ドラマには、この頃放送されていた「TEAM」のような凄みのあるドラマはもう見られなくなってしまった。
起こる事件はどうでも良いものばかりで、言いすぎかもしれないが日本のテレビドラマ黄金期に比べれば、薄っぺらい描写で、思わず見続けてしまうような魅力もない。

そんな中、「相棒」というドラマが非常に校長でロングランヒットを飛ばしているようだが、俺にはこのドラマの面白さや良さがさっぱりわからない。
自分が贔屓にしている反町隆史が出ているにもかかわらず、俺を惹きつけることができていないのだから相当なものだと思っている。
一体全体「相棒」のどこが面白いのだろう、最後はぐちになってしまったが、教えてもらいたいものだと思っているぐらいだ。

今日の更新は休みます、すみません。

連日休んでしまって申し訳ありませんが、今日もブログ更新は休みます。
すみません。

今日の更新は休みます、すみません。

今日は屋根の雪下ろしで疲れているため、更新は休みます。
すみません。

今日の更新は休みます、すみません。

今日はブログ更新の時間が取れないため、更新を休みます。
すみません。

今日の更新は休みます、すみません。

今日はブログの更新の時間が取れないため、更新を休みます。
すみません。

喋らない俺、喋る俺、喋らない俺

俺は子供の頃、人見知りが激しく無口で喋らないタイプの人間だった。
正確には喋ることもあったのだが、俺が前にしゃしゃり出ることでトラブルが続発してしまうので、
次第に心を閉ざし、人とかかわらないようになっていったのである。

だから、俺は寂しかった。
友だちと遊びたいと思っても、友だちがいないので遊ぶことができない。
普通、人を避けている人は、友達なんか煩わしくていなくて結構なんて思われるのだろうが、俺はその逆だった。

学生時代、全く友だちがいなかったわけではなかった。
ゲームやアニメの話をする、いわゆるオタク友達が、1人2人いて、自由時間や放課後はほとんどその人とばかり関わって遊んでいた。

だから、そのオタク友達とだけなら、すごく親しかったし、仲が良かった。
しかし、男の友達というには、ちょっと薄っぺらで、俺は物足りなかった。

オタク友達と遊んでいたわけだが、それなりには面白かった。
彼らとしか共有できないだろうゲームやアニメの話題で盛り上がり、他の人にはわからないだろうディープな話で友情を深める。
俺の小中学生はそんな生活を送っていた。

高校では心を閉ざしすぎて、クラスに打ち解けるのに4ヶ月以上かかった。
打ち解けるきっかけになったのは、9月にあった宿泊研修だ。
それまで一言も会話をしたことのないクラスの人と同じ部屋で一夜を明かさなければならず、嫌でも会話せざるを得なかった。これがきっかけで打ち解けたのだった。
このとき、できた友達のうち1人とは、高校卒業後、大学卒業後も親しく付き合っていくことになる。

大学に入ってからは、ちょうどよいオタク友達がいなくて、友達はできなかった。
お金が勿体無いので、授業にだけは真面目に出ていて、はたから見ると勤勉な学生だった。
だが、友達ができることはなく、寂しい生活が待っていた。

大学2年になり、ゼミに所属することになった。
俺が所属したゼミには、普通の人が大半であったが、端っこの方にはいかにもな風貌のオタク連中が固まっていた。
ほとんどの人が体格はヒョロヒョロのもやしで、どこか挙動不審で、近寄りがたい空気を出している。一人太いのもいたが。

俺もオタクの端くれであるものの、これらオタク連中の輪の中に入っていくことはできなかった。
入れる空気じゃなかったし、俺はオタクだが、蒸れるのが苦手な孤独一匹狼タイプの人間だ。

ちなみにゼミ合宿のときには、オタク連中全員が何らかのゲーム機とゲームをリュックサックに詰め込んできており、持ってきたゲームはロックマンとか魂斗羅とか、いかにもオタクが好みそうなものばかり持ってきていた。
まあ、今思えば、俺も同じ穴の狢なわけだが。
当たり前の話だが、俺はゲーム機は持って行くなんてことはやってない。

大学卒業後は、就職にも見事に失敗し、フリーターになるわけだが、ますます人と関わる機会が減っていった。
バイト先と家を往復するだけの、代わり映えのしない日々。
そこには、何も生まれなかった。

転機が訪れたのは2007年1月。
ゲーム実況なるものが、ネットの片隅で盛り上がっているのに直に触れ、俺もやってみたいと思い、即座に機材などを準備した。
ここらへんの話は何度も書いているが、もともと寡黙な俺がゲーム実況をやりたいという、実に無謀なことをやろうとしていたのである。

2007年4月、俺はゲーム実況を始めた。
最初は喋れなかったが、他の人が見ると案外、喋れていたらしい。
寡黙で人前でしゃべることをしない人間が、ゲームを前にすると、どうやら喋ることができるらしい。
因果なものである。
若きの日の俺は、ゲーム実況で取るリアクションが面白がられ、たくさんのリスナーが付いた。
絶頂期には毎回100人ものリスナーが夜中にもかかわらず、見に来たものだった。

俺は信じられなかった。
喋れない人間が、ゲーム実況で、人を集めるということを、どうしても信じられなかったものだ。

そこから俺は、「俺は面白いんだ」と勘違いするようになっていく。
そしてその頃、ゲーム実況の成功のおかげで自身がつき。実生活でも喋るようになっていった。

「俺は面白いやつなんだ」

俺は当時、本気でこう思っていた。

それは当然のことだろう、俺がゲーム実況配信をやりだせば、100人ものリスナーが集まってくるのだ。
そう、勘違いして頭に血が上るのも無理はない。

しかし、所詮勘違いは勘違い。

3年後、うだつのあがらなくなったゲーム実況を引退し、そのかわり、静かな生活を手に入れた。

その後、俺はまた根暗な、喋らない人間へと回帰していった。

「結局俺は、面白くもなんともないやつだったんだ。一体あのときのあれはなんだったんだ」

こんな風に考えるようになっていった。

もう、俺が再び喋るようになることはまずないだろう。

そんな人生の山あり谷ありが、俺にはあったのだ。

生きていくための”手がかり”が欲しい

俺はもう参っている。
こう思いながら、毎日深い溜め息をついている。

題目の通り、生きていくための”手がかり”が欲しい。

もう色んなことをやって、失敗してを繰り返していて、俺はもう、心底疲れている。

どうやれば人生うまく行くのか、それへの道筋やヒントが欲しい。

俺はもう、毎日困っている。

もう書くべきネタもない。

作業所から帰ってきてからの最近の俺は、ひたすら無気力になり、布団に入って横になって、ただ時間が過ぎていくのを眺めているだけだ。

もう、人間として、末期に到達し始めている。

それもこれも、何やってもうまくいかない自分の人生のせいだ。

俺は何をしたいんだ?
俺は何をすべきなんだ?
俺はどうすれば救われるんだ?

そんなことばかりをひたすら考えている。

頼む、誰か、助けてくれ!!

PS2のグラディウスVをやっている その2

とりあえず1周クリアしてエンディングを迎えた。
5機設定(面倒くさくなってデフォの3機から最大まで増やした)でやって、クレジット数は13。難易度はノーマル。

だが、その場復活のゲームなので、全然自力でクリアしたうちに入らないというのが今の所の感触だ。

特に7面後半の玉転がしと、機雷地帯、壁ボスの対処方法がわからないまま素通りして終わってしまった。

ちなみに、デフォルトの3機設定での1クレジットの最高到達地点は5ボスまで。
ただその後は、事故死も多くなり、1クレで5ボスまで行けることはなかった。

このゲーム、一応最後まで到達した感想としてはとても面白いんじゃないか。

ただ、6面あたりから、攻略の糸口がつかめないギミックが増えてきて、攻略サイトとか攻略動画を見てこないと厳しいんじゃないか、という場面がかなり増えてくる。
4面、5面くらいなら、アドリブと反復練習で自己解決して上達していく感じではあるけど、例えば6面の後半の下スクロールが始まったときの有害物質をどうかわせばいいのか、未だにわからず1機潰すしか無いし、7面は高速スクロールは過去作より簡単だが、後半部のギミックてんこ盛りは初見にはまずわけがわからない。
(というか6面は前半の有害物質の当たり判定と挙動が分かりづらすぎて、コツがさっぱり掴めない。5面の隕石の山盛りもそう感じていたから、慣れるとそうでもなくなるのかもしれんが)
オレ個人としてはまだ練習が足りてないのだろうが、7面後半の玉転がしと機雷回避はどうやればいいのか、未だによくイメージできない。

あと、みんな言ってるし、俺もそう思うんだけど、1周が長すぎる。
CSSTG特有の間延びした感じはほとんど無いんだけど、1プレイが長くて、STGなのに1回(クレジット消費込みだが)1時間とかかかるので、何度もプレイするのは冗長で辛いゲームだと感じた。
最近やったSTGだと、グラディウスジェネレーションなんかは、気軽に何回もプレイしていた記憶なのに、STGなのに気楽にプレイできないというのは、辛い。

一応エンディングまで見たけど、まだ結論をだすのは早いだろう。
もうちょっとやりこんでみて、できればノーコンティニュークリアしたいところだが、俺の貧弱な腕前では確実に無理だろう。

と、いうのも、ステージ数が多くて長いということは、それだけ覚えなきゃならないことも多いわけで。
大体AC系STGとかは5面までがいい目安にはなっているが、グラディウスVの場合、ステージ8まである上に、異様に道中が長いので、ボリュームが半端ないのだ。

もっとミスを減らして1周を通しできるぐらいにはなりたいと思っているが、難しいだろう。
ただ、一度エンディング行けたからハイ終わりではなく、少しはやりこんでから結論を出したいと思っている。
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR