FC2ブログ

人生における目標を完全に喪失した

生きてく上で、やりたいこととか、目的、目標とかが段々と希薄になっていった。
そして、今、俺は、人生における目標を完全に喪失している。

前に、ゲームレビューの記事や、ブログの記事を
すなわち、これまで書けていた文章がかけなくなったという話を書いた。

その宣言通り、俺は、ブログもゲームレビューも以前のように書けなくなり、
まるで手足をもがれた人形のように、何も出来なくなってきている。

無だ。
真っ暗な無だ。
完全な無が俺の中を闇へと支配している。

これを読んでる人間からしてみたら、「なんだ、書けてるじゃないか」という話になる。
違うのだ。それは、必死になって、必死な形相で書き上げた文章なのだ。
これまでは、適当にやっていれば書けていたようなレベルの文章がかけなくなってきているという話だ。

ちょっとしたスランプとか、うつ病みたいなものになってるんじゃないか?
その可能性も考えた。

だが、どう考えても、そういう一時的な次元のものとは思えない。
そして、それが出来なくなった俺が気が付いた一つの結論がある。

それは、人生における生きていく意味とか目的、目標をなくしてしまったのではないかということだ。

文章がかけなくなったとか、そういう話は以前したから、もう今回はどうでも良い。

スポットライトを当てたいのは、生きていく上での目標や目的が消失してしまったことについてだ。

前にも書いたが、俺は他人から見たら呆れるほどゲームが生き甲斐で、ゲームばかりやっていた。
ところが、ここ最近は、そのゲームも夢中になってやれなくなってきたと言う話をした。

これが、困ったことに、俺の生きる原動力になっていた。

しかし、ゲームをやった感想を書いたり、ゲーム関係の知識をいくら蓄積しても、他人から認められたり、生きていく上での糧になったりとかがまったくない。

そうなると、段々と自分のやっていることに意味を見いだせなくなっていくのだ。

それに、死ぬまでにやりたいと思っていたゲームも大体やった。全部ではないが大半はやりきった。
“死ぬまでに”という単語はあまり使いたくなかったが、他に適切な単語が出てこないので、そういう風に書いた。
なんていうか、俺が子供の頃からゲーム雑誌など読んできて、遊んでみたいと思わせたゲームの殆どをやりきったというと、正確な形容なのかもしれない。

ロジカルに考えてみる。
遊んでおきたいゲームをやりきったら、ゲームを飽いていくのは当然のことだ。
だが、ゲーム自体に飽きたわけではない。

俺がいいたいのは、まだまだゲームに対する好奇心は燃え尽きていないが、
それをやることで他人に認められたりということが絶望的になったから、諦めざるを得ないということだ。

趣味で続ける?
その生ぬるい環境でなら、やれたら既にこんなことで一々愚痴らず黙ってやりつづけている。

俺はいつの間にか、ゲームを通じて人に認められたいという、はた迷惑な欲求をいだき始めていたのだ。

ゲームなら、ゲームを遊んでその感想を極めて論理的に書く。
そして、それを他人に読んでもらう。
自分がオモシロイと思ったゲームは、いかに面白いのかを長々と説明して、それを理解してもらう。

話は逸れるが、このブログだってそうだ。
自分が書いた文章を他人に読んでもらうためにやっている。
そうじゃなけりゃ、こんなに長く続けていない。

だが。
現状、ホームページという形で公開しているが、全然人は来ないし、感想なんて寄せられたことはない。

じゃあ、作って見る方はどうだ?

俺は2013年12月。
たまたま募集していたドラゴンクエスト10のシナリオライター募集の求人に応募した。

ただ、履歴書を出すだけでなく、課題として短編のシナリオを書いて送らなければならなかった。

俺は自信たっぷりにその課題をやり遂げ、メールに添付して送った。

結果は不採用だった。

まあ、期待はしちゃいなかった。

だが、ゲーム業界に潜り込めそうなのは、それが自分にとっては年齢的にも最後だと思った。
だから応募した。
ハードルがいかに高すぎようとも、もう神風特攻隊の勢いでやるしかなかったのだ。

それから約1年半。

俺はこんなはずじゃねえ!!

そう思った。

それで一度、PS1のRPGツクール3でゲームを作ることにした。

実質3ヶ月、製作期間は5ヶ月間かけて、小さいゲームを作り上げた。
やればRPGの一本作れるものだと思った。
あの時の自分は、まさに計画とは無縁の人間で、話のオチも作りながら考えたし、何から何まで作りながら考えていったものだった。

そしてそれはそこそこの反響があり、その後、PCのRPGツクールMVにそれを移植することになった。

その移植作業は、2年近くもかけたというのに、思う通りにいかなかった。
だから、このブログでも一切宣伝していない。

ああ、俺はやっぱりゲームは作れる側に回れないんだ・・・

深く大きくため息を付いた。

俺には自信があった。

それは、PS1のRPGツクール3で、ゲームを完成させることが出来たというものと、
ツクール3でゲーム作成途中に、WiiUでスーパーマリオメーカーが出て、それでもコースを1週間で10個も楽しんで作ったりしていた(全然遊ばれなかったが)。

それだけではない。
ファミコン時代のゲームにならたまに搭載されていたが、
俺は、いわゆるエディットモードが大好きで、用意されたギミックを使ってゲームステージを作るのが大好きだったのだ。

レッキングクルー、タンクバタリアン、涙の倉庫番スペシャル、ソニック・ザ・ヘッジホッグ1・2のデバッグモード

数々のエディットモードで、ステージギミックを配置して楽しんでいた。

しかしそれらの根拠なき自信は、RPGツクールMVでRPGを1本作った時に、全て打ち砕かれてしまった。

人の興味を引くゲームを一人でゼロから作るということがこんなにも大変なことなんだ・・・

俺はその現実を突きつけられて、深く絶望したものだった。

そしたらいろいろと考える。

俺が社会でやれることはなにかとか、そういう高尚なことを考え始める。

しかし考えはまとまらず、いつもドツボにはまっていってしまう。

「俺には、なんにも出来ないんだ・・・」

そうすると、段々と何もする気が起きなくなってくる。

生きていく上での目標とか目的とかもだんだんと見えなくなっていく。

唐突だが、俺は、RPGツクールMVでRPGを作っていた頃、欲しいゲームをかなり我慢した。
それが原因じゃないのか?そう思ったこともある。

ゲームレビューだって、たまに最新のゲームを買ってみれば、またやる気が戻ってくるんじゃないか?

だが、現在、生活に余裕がなかなかないため、それを実践することは出来ない。

これが今の俺の現状だ。

なんとか以前の状態に戻ろうと思って頑張ってもがき苦しんでいるのだが、なかなか調子が戻ってこない。
困ったものだ。
スポンサーサイト



「大竹まことのただいまPCランド」を知っているか!?

「大竹まことのただいまPCランド」は、1989年4月から1992年3月までテレビ東京系で夕方に放送されていたバラエティ番組である。



結構面白い番組なので、ちょっと動画を見てみて欲しい。
終盤にシークバーを動かせば、ゲーム情報コーナーが流れる。

この番組は、PCエンジンのゲームソフトの最新情報をお届けするという名目で始まったものの、
実際の本編はゲームとは全く関係ないことを、本当にやりたい放題やっている番組だ。

ゲームメーカーがスポンサーなのに、こんなゲームと一切関係ないバラエティ番組をやっていて大丈夫なのか!?などと思っていたが、やはり、放送開始から3年経ったある日、唐突に番組は終了を迎えた。

自分が子供の頃、放送していた番組で、そしてリアルタイムに見ていた。

子供の頃だから、バラエティの面白さが100%わかっているわけではなかった。
まあ、中学生ぐらいだったら、楽しく見れていたかもしれないが。
子供向けに配慮した作りではあるんだけど、ちょっと会話がところどころ大人にならないとわからない部分があったり、ギャグとかも、ギリギリ中学生でわかるか、高校生以降でないと、“本当に笑えない”レベル。

だけど、いい年の大人たちが集まって、子供みたいにはしゃいで色んなことをして遊ぶという番組コンセプトは、凄く着眼点が良くて面白かったんじゃないかと思う。

自分は、まだ小学生3年4年とかだったので、節々に入る会話の面白さはわからなかったが、いい大人達がはしゃいで楽しんでいる姿だけは楽しそうに見ていた。

まあ、本音を言えば、ゲーム情報コーナーが目当てだったので、さっさとゲームコーナーやってくれっていうのがあったが。

で。この番組は、視聴率も悪くなかったし、というか、夕方にしては10%に迫る勢いがあり、とても視聴率は高かったのだけど、唐突に番組は終わってしまった。

後番組も、PCエンジンのゲームメーカーがスポンサーになって、PCエンジンのゲーム情報を紹介する番組だった。

これも知る人ぞ知る、「聖(セイント)PCハイスクール」である。

女性アイドルが学校で、ゲーム(PCエンジン)のことを学ぶという番組で、視聴者やスポンサーのリクエストに答えて、ゲーム情報の規模を大幅に拡大、
メインがゲームというものに据えられたのだが、残念ながら「大竹まことのただいまPCランド」と比べると
出演者のグレードが大幅にダウン、
番組後期ではロケとかでテコ入れを図った後が見られるのだが、バラエティ番組としての面白さはグッと落ちてしまったと思う。

僅か半年で番組は終了し、PCエンジンの情報番組が途絶えることになってしまった。
(これは、スポンサーの事情とかのほうが大きかったと思うが)

断っておくと、「聖PCハイスクール」もゲームを取り扱ったバラエティ番組としては、面白かったと思うし、見れたもんじゃないってほどでもなかったんだけど、当時はまだゲームを軸に据えたバラエティ番組ってのは、難しかったんだろうなあって言う感じだった。

あと、視聴者層を考慮して、女性アイドル路線にしてしまったのも痛い。
自分はターゲット層から外れていたので、見るのが恥ずかしかったし、あまり出演してる女性アイドルたちにもトキメいたりとかもなかった。

結果、「大竹まことのただいまPCランド」が良かったとなってしまうのである。

まあ、今ではもう絶対にできないし、難しい番組だなと思う。

まず、出演者たちがゲーム世代じゃない上に、全然ゲームのことを勉強しないで、渡辺浩弐(出演者唯一のゲーム業界の人)に任せきりにしてしまってることとか、
ゲーム情報番組なのに、テレビゲーム以外のゲームで思いっきり遊ぶっていうコンセプトが、
この年になってくると、逆にコンセプトが良いよねって気持ちになっている。

今はあまり過激なことはやれないし、ゲームを取り扱う番組となったら、ゲームのこと必死に勉強してくるだろうし、そもそも趣味でゲームやってる芸人のほうがほとんどだろうから、こういう空気感の番組はもう絶対やれないだろうなと思ったのだ。

プレミアゲーを買って自慢するだけの大人にはなりたくなかった

最近は、ニコニコ生放送をよく見ているという話は以前したと思う。

自分は、ニコ生の中でもゲームの、レトロゲームのタグの付いた放送を見に行っている。
今、ニコ生でのレトロゲームの定義は、PS2(下手するとPS3中期にまで及んでいる)にまで広がっていて、「それってレトロゲームになるの?」って言われるものまでレトロゲームタグが付けられて配信されている。
これも以前書いたと思うが、レトロゲームのタグが付けられた配信は、大体15~60以上、同時配信されており、色んな懐かしいゲームが配信されている。

中でも、レアゲーを買って配信している割合がレトロゲームタグでは比較的多い。
自分が、このタグで見る配信を探しているのは、珍しいゲームをやっている姿が見られるからである。

そして、その中でも、高値の付いたプレミアゲーを買い漁って、それをやり込んだりクリアまでプレイするのでもなく、ちょっとプレイして辞めては別のプレミアゲーに行くという、ただただ視聴者に見せびらかせるだけの配信者もいる。

どの配信者なのかということは、ここには書かない。
はっきり言って、これから書くことは、そういう人たちにとって、ある種の批判的意見になってしまうし、自分が見ている配信者のチャンネルをここに書いても、メリットはないので、紹介はしない。

名指しすると、誹謗中傷になる可能性もある。いたずらに配信者の名前をここに書き出すのは良くない。

当たり前だが、ゲームを遊ぶということは、それなりに時間の掛かる趣味である。
大体、ゲーム自体が時間を消費する目的のものであるから、当然のことだ。

しかし、ゲームはお金がなければ買うことが出来ない。

大人になり、いわゆる普通の人生を歩んでいれば、趣味に使えるお金も増えていくことだろう。
だが逆に、ゲームを自由に遊ぶ時間が絶対的になくなってしまう。

だから、普通の人は学生を卒業したら、それと同時に、ゲームも卒業してしまうことが多い。
(勿論、2018年、今の時代は、そうでもない人達も少なくない時代になってきたが)

だが、やはり大人になるに連れて自由な時間が減り、特にゲームは労力を必要とする趣味だから、ゲームへと情熱を注ぐことも難しくなり、やはり年齢が上がるに連れ、ゲームを卒業する割合は高まっていくのだと思う。

ゲーム=子供のものという言い方はしたくないが、構造的にそうなってしまっている部分は否定出来ないのだ。

大人になっても、ゲームへの興味が捨てられない人はどうなっていくのか?

その形態の一つが、さっき書いたように、余りある大人の経済力を使って、希少価値の高いプレミアゲーを大人買いして、その欲望を満たすという行為そのものだと思ってる。

ゲームのプレミアなんて、一部の規格外のものをのぞけば、高くて1万、2万3万、
まあ5万出せば、大抵のプレミアゲー1本買うことが出来る。
そもそも5万もの値が付いてるプレミアゲーなんて、ほんの一握りで、まあ大体は2万ぐらいあれば、1本ぐらい買うことが出来る。

他の趣味と比べれば、まだまだ安い趣味である。
(ちょっと書くと、ここ数年でレトロゲームの価格は急上昇しており、今後も高くなっていくことが予想される。この図式はあと2,3年で崩壊してしまうかもしれないことは補足しておく)

大人の財力を駆使すれば、プレミアゲーを買い漁る行為はまだまだほんの赤子の手をひねる程度のことで余裕で可能なのである。

だけど、それでいいのか?
俺は思った。

俺も一応、就職して月収××万(一応伏せることにした)とか稼いでいた時期がほんの一瞬でもある。
(まあもう隠してもしょうがないが、新聞販売店で働いてた頃の話だ。もうずいぶんと大昔の話だ)

それぐらい稼いでたら、プレミアゲーの一つや二つ、全然痛くもない。
就職して働いてた頃は、馬鹿みたいに欲しいゲームをほしいままに買い漁っていた。

だが、肝心のゲームを遊ぶ時間がない。
フリーター時代は、RPG1本長いのでも一週間でクリアできてたような人間が、
余暇時間をかき集めて必死にプレイしてもどう頑張っても1ヶ月かかるぐらいになってしまった。

そうなるともう、ゲームなんて時間のかかる趣味は捨てるしかなくなる。
捨てるか、ストレス発散するために、欲しいプレミアゲーをほしいままに買い漁って、
最初ちょっとだけ触って、棚にしまうみたいなことをして、穴埋めするしか無い。

しかし俺は、それでは満足できなかった。

なんとかして、趣味と仕事を両立できるところがないか頑張って探してきたつもりだ。

まず思うのだが、希少価値の高いレアなゲームを、高いお金を出して買って、
ろくに遊ばず、ちょっと触ってすぐ(今度はいつ遊ぶのかわからないような状態で)棚やら押し入れやらに片付けられる。

それってその希少なゲームソフトにとって非常に不幸なことじゃないだろうか?

遊びもしないゲームソフトを買って、ただその所有欲が満たされるだけのために高いお金を払っている。

俺は違う。
俺は、自分が楽しみたいから、ゲームを買っていた。
自分もかなりのゲームを溜め込んでいるから人のことは言えないが、基本的に自分が遊ぶために買っていった。
それも、経済的余裕がなくなって、2011年に断念してからは、殆どゲームを買っていない。

今の俺は、お金がなくて買えないなら、貸してくれる人がいればいいとさえ思っているほどなのだ。
本音を言えば所有欲も満たしたい気持ちもあるが、中には希少すぎてそうも言ってられないゲームもあるし、持ってる人が快く貸してくれる、ような人と出会えればそれで十分と思っている。

要するに何が言いたいのか。

これは自分のはっきりとした意見になるが。

最初に書いた、ニコ生で、プレミアゲーを買い漁ってそれを自慢するように見せびらかすだけの放送をやっている人が、自分にはとてもとても滑稽に映ってしまっているのだ。

これは、はっきりと言わさせてもらう。

とても滑稽で、ああまたこの人、どうせ5分10分見せびらかすために買ってきたんだ

もう、そういう呆れた感情しか湧いてこない。

買ったゲームを最後までやるでもなく、その人自体がゲームが超うまいわけでもなく
イマイチなプレイを見せられて、10分か15分位で、1万ぐらい出して買ってゲームを辞めて、
また次のプレミアゲーを始めて、またやめて、これの繰り返しを何年もやっているらしい。

ちなみに、俺はゲームコレクターと言われる人種も否定的である。

それは、ゲーム自体をあまり遊ばず、ただただコレクションするためだけに確保しているからである。
飛び抜けて持っているとか、1万本所有してるとか、ケタ外れたコレクターだったら尊敬に値するが。

俺は好き勝手に、批判しているが、俺もこうなる可能性は十二分にあった。

そりゃ、一度就職した頃、やめる時はかなり考えた。
あの時、辞めない選択をしていれば、経済的に困窮することはなかっただろうが
ゲームという趣味は確実に捨てることになっただろう。

そして、当時から俺はゲーム配信をやっていたので、余りある財力を使って、プレミアゲーを買いあさり
さっき批判していた人のように、自慢にならない自慢を繰り返していた可能性は大いにある。

俺は、プレミアゲーを買って自慢するだけの大人にはなりたくなかった。

なんとかして、趣味と仕事を両立できるところを探してきたつもりだ。

俺の家には2000本のゲームソフトがある。
若い頃、買い集めたものだ。
これは、地元旭川で、一番とは言わないが、ベストテンに入るぐらいゲームソフトを持っていると言っても言いすぎじゃないぐらいだと思う。
自称ゲーム博物館と言っているが、これも間もなく壊されようとしている。

経済的に自立することに失敗したおかげで。

もし、本当に危なそうになったら、ここで引取先を募集するかもしれない。割とマジで。

終わります。

結局、金なんだよな。

前に、ゲームレビューを書けなくなったと言う話をした。
最近は、文章自体が書けなくなってきており、どうしちまったんだ俺?という感じになってきている。

ゲームレビューだけならず、このブログの文章も書けなくなってきている。
本当に、どうしたことかと、俺は思い始めている。

理由の一つとしては、やはり余裕が本当になくなってきたというのが大きいだろう。

そして今回はもう一つの理由を考えてみたいと思う。

結局、金なんだよな。
俺はこの結論に達していってしまった。

金って一気に汚らしい話になっていってしまうが、
資本主義の世界で、評価の絶対的なものさしが金である。

お金が貰えれば、自分のやってることって価値のあることなんだと誰もが思う。
そうしたら、もっとやる気になっていく。

翻って、俺のゲームレビュー、そしてこのブログもそうだが、
さっぱり人に見られていない。

見られていなくても、このブログもそうだし、ゲームレビューのサイトも
好きだから続けられていたが、それももう限界に達してきた。

少なくとも、俺はそうだ。

単純に気分とかやる気の問題じゃないか?

最初は、そう、俺は思っていた。

ちょっと、気分を変えたり、なんか健康的な生活でもすれば、解決するものだと思っていた。
だが、生活を変えてみても、何も変わらない。

びっくりするほど何も変わらない。
前は普通にやれてた文章を書くことが、全然出来なくなってる。

考える力が衰えたのかもしれない。
原因がよくわからない。

ブログの更新を1年近くサボっていたからじゃないか?
そんな事も考えたりもした。

だけど、ゲームレビューのサイトは、この間サボらずにずっと続けていた。
去年一杯、今年の1月2月くらいまでは、まだ書くことが出来ていたのだ。

ところがここ最近、ゲームレビューの記事も書けなくなってきた。
本当に困惑している状態だ。

さっきも書いたが、俺は原因の一つに環境もあるんじゃないかと思い始めていた。

1時間とか2時間とかかけて、ブログも、ゲームレビューも、更新したって、
ブログはまあそこそこ見られているが、ゲームレビューは本当に誰も見に来ない。

誰も見ないのをわかっていて、どうしてこんなに時間を使って更新する必要性があるのだろう

なんだか最近はそんなふうに感じるようになってきたのだ。

そして、さっきも書いたが、生活に余裕がなくなってきたということを書いた。
そのせいなのか、もう空いた時間さえあればゲームという生活を送っていた自分が

ここ最近は、ゲームを遊ぶことすら出来なくなってきてる。

三度の飯よりゲームが好きで、本当に人生でゲームばかりやってきて、
ゲームを遊ぶことに価値があるとか勝手に思い込んでいたぐらいズレていた俺が

とうとう、ゲーム自体を遊べなくなってきているのだ。

これは俺にとっては衝撃的な出来事である。

他人からしてみれば、どうでも良かったり、それが普通だとか、やっと正気に戻ったんだとか
そういう見方をするのだろうが。

ゲームに飽きたって言うとちょっと違うのだ。
ゲームは遊びたいけど、もう余裕がなくなってきて遊ぶ気になれない、といったほうが正しい。

最初の方ではあえて金という単語に置き換えて書いたが、

俺が長年やってきた、このブログ、そしてゲームレビュー
どちらにも共通することは文章を書くことだ。

それが他人にちっとも認められない

認められないまま10年とか経つ。

そうすると、俺には才能がないとか、こんな事やっても無駄だとかどうしても思っていってしまう。

俺がゲームに夢中になれなくなったというのは、どちらかと言うと
やっていることに意味を、価値を、見いだせなくなったからじゃないかと思う。

そして、つまらない大人になったなと思うことが一つある。

好きなことをやって金をもらえたり、他人に認められたりということがないんだったら
そういうことはバッサリと諦めて、辞めてしまうのが一番だと思い始めていることだ。

前はブログの更新やゲームレビューの更新が生き甲斐だった。
誰に何を言われようとも、身体が勝手に動いて更新してしまうといったほどだった。

ところが、そんなことをやってもなんにもならない。
じゃあ辞めてしまおう

他人はこれを見て、やっと大人になってくれたかとか思うのだろうが、
俺は面白くない人間になったなと感じてしまう。

まだ、やめる気はないけどな。

だが、文章を書くこと、文章力が確実に衰え始めているのは確かだ。
なんとか以前のような調子を取り戻したいと思っている。

終わります。

ブログのレイアウトを変更しようと思っている

どうでもいい話かもしれないが、このブログのレイアウトを変えようかと思って色々試している。

今風の白を基調としたものにしようと思っているのだが、色々試してみて、やっぱり今のままの方が
みやすさで言うとベストな状態になっている。

今のレイアウトは、昔からFC2にあるテンプレート・レイアウトのもので、さすがに古臭くなってきている。

このレイアウトだと、文字が小さくて読みにくい。
慣れるとそうでもないのだろうが、基本文字ばかりのこのブログ
やはり長文には向いてない。

それで色々と試しているのだが、コレといった納得のできるテンプレートは中々見つからない。

やはり、今風のものにしようとすると、仕様そのものが変わってしまうため、戸惑ってしまうと思われるのだ。

ただ、ブログを提供している側からすれば、各種SNSのボタンが標準装備されてるものとか、
トップからクリックしてブログ記事に飛ぶタイプのものに、流石にそろそろ変えたいと思っている。

最初はどうしても、読みにくい使いにくいみたいな印象を持ってしまうかもしれないが
長い目で見ると、慣れて今より見やすく使いやすくなると思うので、
新しいデザインのものに差し替えたいと思っている。

今は暗い色合いのデザインだが、今度は白を基調とした明るめのデザインにする予定。

なので、デザインが変わった時に見に来て戸惑わないでいただきたいというご報告だけ。

終わります。
プロフィール

安西爆弾

Author:安西爆弾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR